イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

小さな沢

d0179044_17145057.jpg暑さに辟易して、山の方に逃げた。
入ったのは小さな沢。
長靴で徒渉出来ちゃうほど浅い。けど、とてもとても綺麗な沢だ。
最近、人が入った形跡なし。
クマ度高し(笑)。
だけど、とても気持ちがいい。
d0179044_1714299.jpg相方が試しに釣りをしてみる。
魚なんかいないだろうと思っていたほどに浅い。けれど、すぐにアタリがあった。
つり上げたのはニジマス。こんな浅いのに、結構大きなサイズでびっくり。しかも美人。
徒渉して行くと、ときどき魚の影が走る。昔はこんな沢の横をあるいても、生き物がいるなんて考えなかった。けれど、釣りにつきあって訪れるたび、小さな生き物たちが案外たくましく暮らしている事を知った。

d0179044_17141067.jpg
頭隠して…
一生懸命隠れてるのは岩魚。
石の間に潜り込んだり逃げ方は真剣だけど、手で捕まえられちゃうんだよ。
d0179044_17134887.jpg
私は沢沿いに植物調査(?)
この辺りはネマガリタケも多い。
写真は竹の“赤ちゃん”と教わったもの。
うう〜ん?
地面から生えてくるタケノコとは別らしいのだけど、あっちは赤ちゃんじゃないのだろうか?
以前教わった話だけど、それ以上自分で調べていないので、未だに謎。

d0179044_1713882.jpg木の実調査。
つのハシバミが何本も目についたけれど、全体に実のつき方は少なめ。
豊作の時は一本の木でわんさか採れるんだけど…今年は数個づつ。
マタギのTさんに“つの”じゃないハシバミはあるのか伺ってみたら、この辺ではみた事が無いとのお話。ううう〜@@無いの?
昔から山を歩き回っているTさんの情報はかなり信用が出来ると思う。
でも、信用すると言う事はあきらめなくてはいけないということだ。
ガッカリ〜と思いつつ、いいや!私がみつけるぜ!とあきらめの悪い私がいる。

沢を後にして、小安峡の方へドライブ。近場なのに、ちょっと旅行気分になれた。

山ぶどうは今年は良いんじゃないかと思う。
わりとどこでも実の付きが良いので、楽しみ。
[PR]
by yama-humoto | 2010-08-22 17:10 | 日々