イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

冬の収穫

d0179044_1123162.jpgこの冬の収穫物。
煮物に適するという「大根役者」という種類を植えてみた。
がっつり太くてみずみずしい。蒔いて、間引いて、そのあとは放っておいてもこれだけできた。
大根は菜種と同じ種類なので、菜の花の種みたいな、ごま粒よりも小さな種。
その一個がこれだけのものに成長するから驚きです。
葉を切り落として、大きいビニールに入れて寒い所で貯蔵。

d0179044_1122406.jpg庭でとれたかぼちゃ。恵比寿、雪化粧、薄いグリーンのは地元の人からもらった苗から。
恵比寿カボチャ以外は貯蔵がきくタイプなので、この冬の大事な食料に。
カボチャは暖かい国のイメージがあったので、貯蔵は寒い所がいいのか暖かい方がいいのか?悩んで、杉山さんに聞いてみたら暖かい方がいいとのこと。
こういう「貯蔵」の仕方って本にはそんなに出ていないので困る。野菜作りの本は、大概植えて出来るまでしか書いていないのだ。それぞれの土地のやり方があるんだろうなあ。少しづつでも覚えて行きたい。
d0179044_11222991.jpg
にんじん。
普通のものと、パープルヘイズという2種類。
パープルヘイズは皮が紫っぽくて中身はオレンジのニンジン。
味は特に変わらなかった…かな?
どちらもスーパーで買うものよりも、味が強くてびっくりでした。
d0179044_11221872.jpg白菜。
これも小さな菜種粒大の種からこんなどっしりしたおばさんのように成長。
野菜が種から出来るのは、小学生のときから(理科の授業を通じて)知っているつもりでも、実際、はじめから成長に付き合って行くと、びっくりすることばかりです。
机上(頭)でしってただけなんだなあ。それだけなら、「テレビ見て知ってる!」と同じレベルなんだ。やっぱり自分で体験するということが、一番納得出来るしおもしろい。
そしてなにより、「虫食い」や「形が悪い」なんて気にならなくなる不思議。料理する時もいとおしくなります。
[PR]
by yama-humoto | 2010-12-02 11:21 | 日々