イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ポストまでの長い道のり

d0179044_16174325.jpg朝起きたら、昨日苦労して除雪したところが、跡形も無くなっていた…。が〜ん…
ウチは玄関から道までのアプローチが長い。しかも除雪車の除けた湿った雪が両側に壁を作ってしまうので、そのままでは車が乗り込めない。せめて郵便屋さんが来る前に、ポストまで開通したいのだけど、と…遠い…
この位の苦労で根を上げてる場合ではないが、やっているうちにぼんやりと「宝くじが当たったら、除雪機買ってもいいなあ」なんて考えが頭に浮かんだ。宝くじが当たったら欲しいものの、かなり現実的な希望だ。

d0179044_1617979.jpg私が道を開通させている間、相方は屋根に昇った。
屋根の雪下ろしの目安を聞いた時、「周囲の家がやりはじめたら、やれば良い」と言われたけど、この辺はどこもやっていない。
先日の雪は、積もる側から落ちていたので良かったけど、今回の雪はぜんぜん自然に落ちない。
湿気が強いようだ。
たまに屋根に目をやって、相方が落ちてないか確認しながら自分の仕事をした。道まで開通した辺りで、相方の姿が見えなくなった。多分、反対側にまわったんだろう…と気にしつつも、もう少しもう少し…と、できるだけ進めて行った。お〜い!と声をかけても返事が無い。多少心配になって、裏の方を見に行ってみた。(今更、見に行っても、もし落ちてたら死んでるよなあ…とか思いつつ)
裏までも雪が深すぎてまわれず、しばらく耳を澄ませてみたら、作業している音が聞こえたので、自分の場所に戻った。

d0179044_16165744.jpg玄関や暖房を使っていない左ハジの部屋の屋根の上の雪がすごい。
玄関ぶぶんだけでも、なんとかならないかとストーブをおいてみた。
玄関に灯油ストーブの臭い=山小屋みたい。受付を作りたくなってしまう。
火力がもったいないので、アズキを煮た。

昨日は慣れない除雪で筋肉痛になり、身体が、死んだ虫みたいに手足が勝手に内側に連れて行かれる感じだった。だるいし、肩の付け根もりかちゃん人形みたいに抜けそう。
でも、今日は疲れはしたけど、筋肉痛はなかった。
午前中に終えて、買い物に出て、3時という早い時間だったけど、ゆっぷるにお風呂に入りに行った。
ロシア民謡の「一週間」並みに、一日の仕事が一個…。
いいのだろうか?
[PR]
by yama-humoto | 2010-12-27 16:16 | 日々