イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

裏山登山2

d0179044_16373690.jpgせっかくのお天気も今日までのようなので、午後からあおいちゃんと3人で岩井川の山に登りに行った。迎えが来るまで、猫とうつらうつら午睡してしまい、夢を見かかった所で「きたよ〜」の声で目が覚める。それから5分後にはカンジキを履いていた。先日の裏山よりは斜度はユルいのに、途中で挫けそうになる。身体が起きてなかったみたいだ。(しかも、準備運動もしていなかったな)なんとかだましだまし、はじめのピークへ。
あおいちゃんは、さすが大学のワンゲル、伝説の女子部員。こんな雪山でも、やっぱり早い!
上はなだらかで、素敵な林の中のスノーハイク状態。
立ったまま、軽くお茶とお菓子で休む。
d0179044_16371857.jpg
来る間、見えたのは、何日か前のカンジキの痕が1つと、あとはウサギやカモシカの足跡だけだ。
雪は湿気ってかなりザクザクの粗目状。
でも、天気がいい日を選べて、しかも午後からでも、思いつきですぐ雪山登山できる。
贅沢だねえ。
画像はウサギの足跡。
d0179044_1637311.jpg
こちら、人間の足跡。
次のピークに行く間は、良い雪質だった。
気持ちよく、ザクザクと歩けた。
頂上からは、天気がよければ、岩手山や八幡平が見えるらしい。
今日は残念ながら、見えなかった。

d0179044_16364947.jpg
頂上から村が見える。
我が家も見えた。
こんな雪の裏山から、村の我が家を見下ろすなんて、去年の今ごろはまだ、想像もできなかったこと。

d0179044_16363746.jpg
日も傾いて来たので、下山。相方が先頭に立ち、ルートを探りながら下って行く。
ここから先は、かなり急だった。ホントにここしかルートはないの?と心で泣き言を良いながら、降りて行く。雪もザクザクなので、踏ん張りが利かない。ザ〜っと、半ば滑り落ちてる感じ。途中で、テレマークのつもりで上体を前傾姿勢で降りてみたら、足元が安定した。
この前傾姿勢。落ちるつもり…くらいに思い切って上体を前に落とすので、怖いんだけど、やれば、その方がうまく行くのだ。
元来た道に着いた頃には、赤い夕日が山に落ちかけていた。
暗くなる前に降りてこられて、良かった。
[PR]
by yama-humoto | 2011-02-23 16:35 | 日々