イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

つばめの親子

d0179044_163419100.jpg ここ数日、家の周辺を飛び回る鳥がいる。仕事部屋から何気なく窓を見ると、家の前の電線にツバメの子たちが6〜7羽並んでとまっていた。親が一所懸命エサをとる為に飛び回り、子どもたちの上を横切るとき、いっせいにチーチーチーチーとおねだりをしていて可愛い。
はじめは窓を開けたら逃げてしまうかな?と仕事机に座ったまま、撮ってみた(網戸あり)。

d0179044_1634242.jpg
いつまでも電線にとまっているので、窓を開けてみたけど、逃げなかった。
ヒナなので、とろいのか?
こちらを気にしつつも、電線にとまって親を待つ。
放っておかれている間は身繕いに忙しい。
くちばしで背中や胸を掻いたり、足や翼を大きくのばしてストレッチ。
←頭もかいかい

d0179044_16334295.jpg
親がスッと横切ると羽根をバタバタしながらおねだりする。
よたよたして可愛い。この子は末っ子なのか、ほかの兄弟より幼そうだった。
しっぽの先はかわいい水玉。
d0179044_16331659.jpg「こどもだから、とれませ〜ん」という感じで、近くにトンボがとまっても、無関心…。

8月の初めは家の裏でカラスの親子がよく歩いていた。
お母さんを先頭にがあがあ(かあかあではなく)いいながら、結構長距離を徒歩で移動してるのがおかしかった。部屋でお昼を食べていると、網戸一枚隔てて、カラスの行進が目に入る。おかあさんがエサの取り方を教えているようだった。ヒナと言ってもカラスの子はでかい!おかあさんがエサを見つけると、我先にと羽根をバタバタさせながら甘えるが、図体のせいか、スポーツ刈りの中学生男子がお母さんに「お菓子〜」といってるようだった。

去年はこのツバメたちに気がつかなかったな。
来年はウチに巣をかけてくれないだろうか?
[PR]
by yama-humoto | 2011-08-19 16:32 | 日々