イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

長木をもらう

d0179044_1891751.jpgいい天気。
Rさんから連絡があった。
田んぼのはせがけに使う「長木」をくれるという事だ。「長木」は実は結構入手困難で、新しく買うには高価だし…ということで、今年はご近所からお借りしてすませた。
Rさんの所では、必要なくなったので(わざわざ稲をはせがけ(天日干し)する家は少なくなっている。)杉山家に軽トラを借りて、天ごうまで取りに行った。たくさんの立派な長木が長木小屋に横に収納されている。人の手ではとても無理なので、トラクターで引っ張り出してくれた。軽トラに積んでみると一本一本がすごく長い!15本程乗せて、Rさんにトラロープでがっちり固定してもらい、まず一回目の持ち出し。こんな無茶な積載をしていいのか(多分よくない)不安に思いながら、時々後ろの窓から、木がずれたり、落ちたりしてないか確認しつつ、家の田んぼまで運んだ。
d0179044_1891012.jpg長木は立てて保存した方がいいそうだ。田んぼ脇の栗の木に立てかける。これだけ長いと立てるだけでも一苦労。重いし、バランスが難しく、一回目の運搬だけで結構へとへとに。再度取りに行き、今度は自分たちだけでトラロープをかけたら、やっぱり途中で緩んだりして、ヒヤヒヤだった。なんとか2回目の運搬を終え、一度家に帰ってお昼にした。
午後は残りの長木も薪代わりにくれるというので、軽トラに乗せやすいサイズにチェーンソーで刻んだ。帰る前に「手伝ってほしい」といわれ、納屋の柱の修理の手伝いをする。去年の雪で屋根が傾いだそうで、柱を一本一本、宛木とジャッキで柱の長さを調整して行く。Rさんは本当になんでも自分でやってしまう人だ。
薪用の木は庭に降ろし、田んぼに置いてあったはせがけ用の鉄製の三脚を回収。
とりあえず、軽トラが必要だった仕事は片付いて一安心。
どんどん冬にむかう。
[PR]
by yama-humoto | 2011-11-12 18:07 | 日々