イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今年最後の山越え

d0179044_1714283.jpg今日も雪は降っていない。ここ数日で周りの雪はどんどん溶けている。まだ根雪にはなりそうもない。
今まで行った事の無い、山道に行ってみた。もちろん目当てはアケビつる!(しつこい!)
何カ所か見るうちになんとか要領を得て、多少のツルを採る事が出来た。途中、通りかかったバイクのおじさんが怪しんで様子を見にきたりされたけど…(笑)。アケビツルを探していると言ったら、やっぱりその辺をみて、「こういう風に張っているのを探せ」と言われた。この辺の人たちはみ〜んな分かっているんだなあ。一昔前はみんな家で作っていたようだ。ついでにこの道はどこに出るのか聞いてみると、山内の方に抜けられる事が分かった。雪も無いし、もう今年は今日しか行けないだろうし、ということで、道を抜けてみる事にした。地図を見るとその間に数件固まった小さい集落が2つある。山の中の田のあとに手押し車を押しながら歩いている腰の曲がったおばあさんがいてギョッとした。この先の集落の人だろうけど、散歩にしては何キロ歩いて来た事か?みんな足腰を思って鍛えてるお年寄りが多くて感心してしまう。周囲になにもない山道を一人で歩くのは、私はまだ怖いなあ。いつか慣れるんだろうか?
国道に出た所で「山小屋」という食堂に入った。前から気になっていたのだが、なかなか入る機会がなかった。「山小屋」というわりには、中は綺麗で普通の食堂?
ワンコインランチは野菜炒めのあんかけがどっさりのった蕎麦だった。相方が頼んだ生姜焼き定食も肉が立派(笑)で食べごたえあり。
十文字の方へ戻り、ラッキーで買い物をして家路につく。
周囲は雪が無いけど、遥か向こうには秘境のように白い山が浮かんでいる。
「ヒマラヤみたい」なんていっていたけど、あれは我々が帰る方向だった。
[PR]
by yama-humoto | 2011-12-02 17:13 | 日々