イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

深呼吸したくなる空間

d0179044_18162319.jpg朝から冷え込んで寒かった。こんな東京のつもりじゃなかったのに…。ぼんやり暖かい冬の東京を期待していたのに。ヘタをすると乾燥してる分、秋田よりも寒さが「痛い」。秋田は水分がある分、柔らかい寒さのような気がして来た。今日は神保町を回る。一時期はやたら目についたアケビつる細工の本がどこを探してもなかなか見つからない。現役で出版されてるものはともかく、そうでないのが欲しかったのだけど…。当たりを付けていた古本屋はどうも潰れているらしかった。神保町もどんどん変わって来てしまっているなあ。
結局、目当ての本は見つけられなかった。文房堂を覗く。ここは版画関係のものが充実しているので、ペーパースクリーン用のダイヤモンドスクリーンを入手!
今回の東京はなにしろモノ作りのための材料ばかり集めている。
途中でなんだか脂汗が出て来て気持ち悪くなってきた。今夜は友人たちとお食事会の予定だったけど、キャンセルさせてもらう。どうも疲れから、内臓に来てるような変な気持ち悪さだった。
雨もばしゃばしゃ降って来て、もう帰ろうかと思った時、ふと神保町に来たもう1つの目的を思い出した。tryギャラリーできくちちきさんという方の作品展があって、確か今日が最終日だったのだ。
雨の中、ぼんやりしながら探していたので何度も迷い、ようやく辿り着いたギャラリー。気持ちがかなり落ちていて、ギャラリーに入る気力が無くなっていたのだけど、大きな窓から見える室内はすごく力強い作品が並んでいて、吸い込まれるように入ってしまった。
白い紙に墨で殴り書きしたようなゴリラ、ゾウ、ライオン…。何冊かあった手作りの絵本はみんな描く手法が違っていた。本を見ていたら、オーナーさんがお茶とこの絵本に出てくるものをかたどって作ったジンジャークッキーを出してくれた。一番窓際にベンチがあって、ここに座るのは一瞬落ち着かない気がしたけど、座ってみたらギャラリー全体が見渡せる絶好な場所だった事がわかった。
東京にきて、はじめて自然に大きく深呼吸をしていた。良い絵にめぐりあえてすごく嬉しい。
気持ち悪かった具合も幾分よくなる。早く帰って自分もなにか描きたい衝動に駆られた。
[PR]
by yama-humoto | 2011-12-08 18:18 | 里帰り