イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー

十二月のうた

d0179044_152392.jpg相変わらず雪が降り続ける。でも昨年のように、連日、絶え間なくどっと降り続いて、一日で腰まで埋まる程つもる…という降り方ではないので、なんだか今年は楽に思う。ここに暮らしてから、雪の降り方っていろいろあるんだなあ…と知る。
ばばばば…という感じの攻撃的な降り方もあれば、細かく冷たい感じだったり…表情はいろいろ。
今日、窓から見たときは音も無く…静かに、でも存在感のある大きめの雪だった。こういうのを「しんしんと降り積もる…」というのだろうか。
みていて、なんだか心が穏やかになる、やさしい降り方だった。

d0179044_1521436.jpg
ふとある詩を思い出した。














熊はもう眠りました
栗鼠もうつらうつら
土も樹木も
大きな休息に入りました

ふっと
思い出したように
声のない 子守唄
それは粉雪 ぼたん雪

師も走る
などと言って
人間だけが息つくひまなく
動きまわり

忙しさとひきかえに
大切なものを
ぽとぽとと 落としてゆきます
(十二月のうた 茨木のり子)
[PR]
by yama-humoto | 2011-12-29 15:00 | 日々