イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

雪まみれツアー!

d0179044_18145877.jpg朝からいいお天気になった。
昨日はときどき吹雪いたり晴れたりの不安定な天気の中、相方、あおいちゃん、加藤さんの3人は大柳沼の方へスノートレッキングにいった。私はもうどうにも時間を捻出しようがないほど仕事が溜まってしまっていたので、しぶしぶ見送った。今、ちょっとした計画がひょんなことから急に加速して進み出した。いくら無理矢理やろうとしてもなかなか動かない事もある。こうした“時期”ってあるんだと思う。スムーズに動き出したなら、多分きっとうまく行くのでは?午前中歯医者に行った相方は帰りに、またある人と会って、さらに計画が進展しそうな気配になってきた。エンジンがかかった相方は、家でお昼を食べて早々に、大柳からのルートを視察しに行くといいだしたので、今日は私も同行することにした。
d0179044_18143735.jpgいいお天気で、雪の状態もすごく良くて、今日来て本当に良かった!
雪崩の心配も兼ねて、ビーコンなんてもたされたからちょっとビビってしまったけど、ぜんぜん平気そうだ。
d0179044_1814147.jpg急登を登って降りるのなら、ちょっとスキーは自信無かったので、今回はワカンにした。
実際きてみたら、私でも滑れそうな所もいっぱいあったので、ちょっと悔しかった。練習するにももってこい!
次回はテレマーク持って来よう。
d0179044_18133717.jpg車を止めた所には3台の軽トラが止まっていた。2台はスノーモービルを載せていたよう。
山の中をガンガン走った痕があった。山の仕事の人?…でも、あとで一台と行き違った感じでは、クロスカントリー(?)というか、多分遊びで入っているようだ。私の知っているスキー場で見るような横幅のあるタイプではなく、バイクみたいに身軽なスノーモービルだった。あんなのあるんだ。
走った痕はスパイクがしっかりついていた。
せっかくのフィールドにスノーモービルねえ…といいつつも、相方は「宝くじが当たったら買う!」とのたまっていた。まずは宝くじを買えるお金をつくらなきゃね。
d0179044_18125247.jpg今月に入ってからずっと治らない風邪をかかえ、仕事ばかりしていたので、運動不足が心配になっていた。今日はがっつり汗をかいて、半月分の運動不足を解消できるかも?と勝手にほくそ笑む。
人間も動物なんだから、一日の基本的に消化する運動量ってのがあって、一日中(PC等で)同じ姿勢で過ごすとか、だらだら一日寝ていて動かないというのは、生物学的にはすごく異常な事なのかもしれない…と時々思う。私は決してフットワークが軽くないし、運動も苦手。運動はキツいなあ…と思いつつも、こうして山に来て汗をかくと身も心も軽くなって、嬉しくなってくる。
ウサギの足跡がたくさんあった。木の枝をがじがじした痕が…。

d0179044_18123389.jpg休憩。
ガイドさんが足場をちょっと掘りごたつ調に掘ってくれたので、ゆっくり座ってお茶が飲めた。
対岸の山々を眺めながら、なんとも贅沢なひととき。
d0179044_18115614.jpg
雪が2m位積もっているので、普段は高い場所にあるヤシャブシの実に手が届く。
実をぽんぽんと揺すってみたら、種がたくさん出て来た。
冬の間、ぎゅっと種を抱えていたのかな?
これからがまき時なのかな?
山の中でヒントだけもらう。
知らないことがたくさん。

d0179044_18105727.jpg帰りは滑り降りるのみ!
相方は気持ち良さそうにテレマークで。こんないい天気にこんな良い雪質の時に!
ワカンで来た事を、つくづく残念に思う。もってきたシートでシリセードで降りた。
これはこれで楽しかった。雪まみれになったけど。
ちょっと前に鉄腕ダッシュでスキー場の上から雪玉を転がして巨大化させる…という企画をやっていた。テレビだからいざとなると重機が出て来て軌道修正するという大掛かりなものだったけど、やっていることは極めて単純なのに、妙に面白かった。変に奇をてらったアイディアで小難しい事をするよりも、子どもでもできるくらい単純なものの方が、人間って心から無心で楽しめるんじゃないかな。五感で楽しむって気持ちいい。

d0179044_18101014.jpg帰りに杉山家に寄ると、あおいちゃんが煙突掃除を終えたところだった。
近くにメープルシロップを取る仕掛けを設置した木があるというので、一緒に見に行ってみた。
去年、村の大工さんがやってみたというのを聞いて、今年は私もチャレンジしてみたいと思っていた。まずは樹皮だけでイタヤカエデを探せないといけないなあ。
仕掛けたバケツには3分の2くらいの水が溜まっていた。舐めてみると…う〜ん…水?という感じで甘みは感じなかった。これを煮詰めると甘いシロップになるという話。
山にはまだまだ、楽しみがザクザク!
[PR]
by yama-humoto | 2012-03-16 19:13 | 日々