イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

春〜♪

d0179044_18275065.jpg朝からいい天気になった。
昨日まで天気予報は二転三転、雨だったり曇りだったり。本当は鳥海山にいくつもりだった相方とN島さんは天気が悪いので、男鹿の方へドライブにいった。おみやげに道の駅で売っていたお菓子を買って来てくれた。「道の駅でどんな風にどんなものを売るか」というのが、最近のすごく気になる事。
今日は二人で天気もいいので、スキーとボードを持って栗駒へ向かった。
私はまだ未完成のお菓子の試作をしなくては。今だに仕上がっていないのに、数日後に出す事が出来るんだろうか?
d0179044_18273533.jpgまず、お菓子に使う山菜を採りに出た。
山菜と言っても家の周辺でとれるので、散歩しながら探してまわった。
用水路の水の流れも、いっせいに吹き出した草たちも、今日の晴天を大歓迎しているみたいに、キラキラしている。私も久々のお天気の散歩ですごくうきうき。自然と春の歌を口ずさんでいた。(後日の事故でメモリーが吹っ飛んでしまったため、かき込んでる今となってはどんな「春のうた」だったのか、どうしても思い出せない…@@;)
キクザキイチゲやカタクリも出ていた。お花はやっぱりいいなあ。野が華やかになる。
d0179044_18271877.jpg
山菜を探して下を見ながら歩いていたら、胡桃の殻が一列に並んでいた。
???
よくみると、みんな穴があいている。
この食べ方はネズミだ。
殻はネズミの家の入り口の前に転がっていた。
冬の間、雪の中のトンネルで食べたのか?捨てたのか?雪が溶けて、まるで行儀よく一列に並べたみたいに落ち着いたんだろう。
なんだかこんな小さな発見も嬉しい。
春だ!春!
d0179044_1827353.jpgお菓子に使うのはバッケ(ふきのとう)。
毎日、どんどん育ってしまうので東京にいる間も気が気じゃなかった。
幸い、まだ良い大きさのつぼみのものがあった。
今年は今までになくバッケを採っている。
去年までは一回位。この辺りの人は春の始めに一回くらい食べるだけのものらしい。
なので、なんとなく、大量に採るのも遠慮がいらないので気が楽だ。

d0179044_18264892.jpgお菓子の試作。工程を変えてみたり、形状、厚さ、長さ、焼き加減などを考える。
市販のお菓子って、食べやすさとか食感が計算されていると聞いたけど、いざ自分が作るとなるとすごく大変…。でも、楽しくもある。
だいたいプロでもないのに、ゼロからオリジナルを作ろうとするのがイカンのだけど、仕事柄のせいか?パクリはできない…。
人の作ったもの(本のレシピのまま)を自分の作品として売りに出すのは気が引けてしまうのだ。
午後過ぎに二人が帰って来た。頂上付近は雪が無かったらしいけど、それでもなんとか楽しんできたそうだ。
二人に試作を食べてもらって感想を聞く。人の意見や感想がすごく参考になる。
みんなに育ててもらって、少し完成に近づいてるかな?
[PR]
by yama-humoto | 2012-04-28 18:25 | 日々