イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ぜんめもみ

d0179044_10281688.jpg和紙工房の近くに行ったら、Rさんがゼンマイを揉んでいた。
この“ぜんめもみ”、ある時期から急に始まる。あちこちの軒先でかあさんたちが座り込んでなにやら押してるような姿が見受けられるようになると「あ!ぜんまい始まったんだ!」と急に焦る。
今年はチャレンジしてみたいと思っていたのだった。でも、あれこれ用事やらでうかうかしているうちに、シーズンも終わって来たような…。
Rさんに聞くとまだ大丈夫だと言う。丁度いいので、揉み方等を教えてもらった。
d0179044_102832.jpg
細さを分けて、ひと塊を順番に揉んでいく。
繊維を崩して柔らかくするのが目的かと思っていたけど、どうやら水分を早く出すためらしい。力を入れすぎず(これ、難しい…)揉んでいると水分が出てくるのが分かる。いくつかに分けた塊を順番に一巡したらまた初めの塊へ…ほぼエンドレスで揉み続ける。一日中やっている必要があるようだ。
山菜の本でも、ゼンマイを揉む工程を省いてただ紹介だけしているのものも多い。
これは、山菜上級者向きだよなあ。
干してる途中のゼンマイは色々な色が混ざってきれい。
(ピンク色のは、質感とかなんとなく太いミミズにみえてしまうのだが…。)
d0179044_10274837.jpg
東京にいるときは、山菜そばとか、ちょっとした煮物でも、水煮になっているものが使われていて、そんなに美味しい物とは思えなかった。
こちらにきて、ワラビのシャキヌルな食感や、ゼンマイのなんともいえぬ美味しさにびっくりした。
本当の山菜はこういう味だったんだ。
手間がかかってしまうけど、今年はゼンマイに挑戦!…できるかな?
[PR]
by yama-humoto | 2012-05-24 10:24 | 日々