イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

3年目

d0179044_15345048.jpg今日で3年目に突入。
「やっと」なのか「もう」なのか、あまり実感はないけれど、2年前の昨夜、東京を出発した時の興奮は思い出せる。冬は雪かき、春〜秋は薪割りなど、ほぼ一年中、庭で働いている(?)姿をさらしていた成果があったのか?最近、相方にいろいろな仕事の声がかかるようになった。仕事と言っても、「就職」的なものではなく、田植えや薪割り、牧草をロールにするなど、一日単位のガテン系。でも、出向く度に、どんどん知り合いが増えて行って、良いことだと思う。ほとんどPCの前にいる私よりも、遥かに集落に溶け込みはじめている感じ。「暮らす」って、こうやって、徐々に根を下ろして行くことなんだろうか。
空豆の花。
植え付け自体、本来と違う勝手な憶測のもと芽だしをしたので、ちゃんと実がつくか不安だった。
元気にエレガントな花をたくさんつけはじめてくれた! がんばって実を付けて欲しい。
d0179044_15344246.jpg
今年はMさんの畑を貸してもらえることになり、そちらに植え付けに行く。
金時豆、てんこ豆、小豆、赤花豆、サツマイモ(ちょっと)、落花生、オクラ、トウモロコシ、香り五葉、黒五葉…などなど
庭も畑スペースを広げる。ナス、トマト、ピーマン、キュウリ、早生枝豆、早生トウモロコシ、にんにく、にら、長ネギ、スイカ、メロン、カリフラワー、空豆、つるむらさき、水菜、サンチュ、唐辛子…おお、書き出してみると結構あるぞ。
Mさんの畑で作業していると、Mさんが来て、私たちの使っていたクワを見た。「こんなクワじゃあ…」という感じの態度だったので、怒られるのかと思いきや、自分の家のクワを持って来て、貸してくれた。
鉄製のすごくがっしりしたもので、我々のクワとは威力がまるで違う。石が多くて嫌気が刺していた庭が、面白い位掘れるらしい(相方談)。
クワの扱いも教えてもらった。冬の間、乾燥して柄がやせてしまうので、水に漬けてしっかり太らせておくものなんだそうだ。
畑の作業中、待っていた良い知らせが2件とも来た。
ひとつは相方の仕事。再び、果樹試験場に行くことになった。
[PR]
by yama-humoto | 2012-06-18 15:33 | 日々