イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

田んぼの草取りとトンボと巣

d0179044_1745840.jpg相方が出勤してから、デッキブラシをかかえて田んぼの草取りに行く。
田植え時期には、あんなにせわしなく行き交っていた車もまったくない。歩いて行くと視界に空が開ける所があって、そんな風景の中、デッキブラシに麦わら姿の自分の影。6月で3年目に突入した今でも、ときどきふとした瞬間に「なんでここにいるんだろう?」なんて夢見てるような不思議な気持ちになる。
田んぼにつくと現実…。去年の草取り地獄を今年は避けたかったけれど、やっぱり仕事等のスケジュールでなかなか来れなかった。でも、去年よりは軽症?かな?
去年はもっとびっしり生えてしまって、デッキブラシでこする程度では草は浮いてくれなかった。後で知ったけど、こっそり様子を見に来た彰さんが「斉藤家の田んぼはダメだな」と言っていたそうだ。そんなこととはつゆ知らず、草取りし続けてなんとか収穫まで行くことができた。知識がなかったから、諦めずに出来たんだと思う。「知らない」って素晴らしい(笑)。

d0179044_17445288.jpg去年の経験から、今年は手を抜きすぎている気もするが…。
まるでなにかのバツのプール掃除のようだなあ…なんて思いながら、デッキブラシでひたすらごしごし。どのくらい掘っても大丈夫なものか?さぐりさぐり。腕が疲れてくるので、なるべく疲れず効率的なブラシの動かし方等を模索しながらやっていると、知らない間に結構進んでいる。
カッコウの鳴き声を聞きながら、ちょっと休憩。

d0179044_17442792.jpg
ニホンカワトンボ?
正面の顔がなかなかカワイイ。
トンボが出て来たら、やっぱり夏だなあと思う。
まず、イトトンボ系が目につきはじめる。
d0179044_17441494.jpgアオイトトンボ?
交尾したまま飛んでいた。
なんか首ねっこつかまれたまま、連れ歩かれてるみたいで妙。
色は本当に綺麗でうっとりする。

d0179044_17435732.jpg
昨日、庭の土手辺りの草刈りをしていた相方が「これこれ」と言ってみせてくれたのは、小鳥の巣。
ヒメジョオンの茎を柱に、上手に巣をかけてあった。外側は太めの草で。中は柔らかい細い草をしいてあって、卵が一個入っていた。
草刈りのブッシュに驚いて逃げてしまったのか?
周りの草を刈られて裸ん坊になってしまった巣。
もう放棄していたのか解らないけど、今朝になっても親はいなかった。

d0179044_17433944.jpg
それにしても、こんな低い所に巣を作って大丈夫なんだろうか?
薮の中に作ったにしても、我が家はヘビが沢山いる。
心配しつつ、田んぼに向かった。その時はまだ卵はあった。
d0179044_17432790.jpg
草取りを終えて、お昼過ぎに帰って来たら、もう卵は無くなっていた。
ヘビかカラスか?
残念。
[PR]
by yama-humoto | 2012-07-09 17:42 | 日々