イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

やっと春

昨日までとんでもなく寒かった。こんな時期なのに、いまだに薪ストーブをつける。須川のほうでは雪が積もったそうだ。新緑に雪がのる風景は記憶にあるだけでも、「ここ十何年前に一度だけ」と自然に詳しい知人の話。芽吹き始めた所に積もる雪。花にも影響するかもしれないので、今年もブナは実を付けないかもしれない。そうすると、またクマは里に下りてくるな…と。役場近くの桜もまるで散り際のように見える。よくみるとまだ花を咲かせていないのに、葉が出て来てしまっているのだ。今年はどうも妙な春だ。d0179044_1015531.jpg
昼に田んぼのようすを見に行きがてら、散歩する。雪が溶け始めたころは、雪で隠していたものたちが出て来て、なんだかちょっと汚いような気がしていた。真っ白に雪に覆われているのはそれはそれで、風景が綺麗だから。だけど、草木が芽吹きだしたら、とたんに大地を彩り始める。花や緑は土地に絵を描いているみたいに思えた。

写真はキクザキイチゲ。目が覚めるようなパワーを振りまいていた。
d0179044_10145338.jpg
枯れた葦さえも、効果的?
流れの中に咲いている花?星?
そんな妄想をしながら、花を楽しむ。
d0179044_1014238.jpg
これなんだろう?
狐のしっぽみたいなかわいい穂がついている。
勝手に「きつねのしっぽ」と命名。

d0179044_10311188.jpg
油断していた!
寒い日が続いていたのに、コゴミは元気にニョキニョキでていた!
d0179044_10135499.jpg
力強いのう。
取るつもりは無かったのに、あまりにも立派でついつい狩猟採取本能に火がついてしまう。
春一番の山菜は、冬の間じっと我慢していた分のパワーが夏草よりも半端なく強いように思う。
冬の間、寒さと雪かきとめちゃくちゃたくさんの仕事と戦い、ずーっと走り続けていた感じ。最近、やっと少し時間に余裕ができるようになったのだが、急にふつっと疲れが出て来た。電池切れというのか、はたまた歳なのか?
コゴミの群れの中にいたら、なんだか「がんばろう!」という気持ちになってきた。自然の出すパワーで充電した感じ。

d0179044_1013541.jpg
山の上はかすかに白い。淡い黄緑が山を彩り始める頃が、いちばんわくわくする季節だ。
午後からはお菓子を作るため、道の駅の加工所へ向かった。
[PR]
by yama-humoto | 2013-05-09 10:03 | 日々