イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

外茶&外めし

d0179044_11124680.jpg久々に良いお天気になった!雪下ろし日和だ。こんなお天気だったら、一日雪かきも楽しい…のだが、私はいろんな仕事が詰まりに詰まってしまっていて、身動きが取れない。申し訳ないなあと思いながら、屋根の雪下ろしは相方氏にやってもらう。仕事しつつも、落ちたり埋まったりの危険があるから耳は雪下ろしの音を追っていた。

画像は二階の窓(私の仕事場)から。猫日向ぼっこ中。相方、2階まで積もった雪の上。これから裏の雪かきに行く…の図。
d0179044_11123795.jpg
途中、タバコ(休憩の意)にする。
せっかくのお天気だし、こういう時、なぜか家の中はとても寒い。外でお茶することにした。
雪をちょっと削って、テーブルとベンチを作った。
d0179044_11122345.jpg日向ぼっこは気持ちいい。思わず、猫みたいにぐる〜ぐる〜と喉を鳴らしたくなる。お日様の光はただの「光」じゃない。カラダにじんわりしみ込んで来て、細胞の隅々までパワーをくれる気がする。
北欧やソビエト時代の絵本には、冬のお日様をとてもまばゆく描いているものが多い。東京で見ていた時とは違って、心底共感!太陽の恵みはすごい!
d0179044_11121045.jpg

また少し労働してから、お昼。お昼も「外めし」にした。
風が吹くと冷たいけれど、それでも何とも気持ちいい!

d0179044_11114659.jpg
PC仕事の合間に、印刷作業。
ラベルのデザインの仕事をいただいて、いろいろ考えていた。自分では簡素に考えたデザインを、印刷に出すには少々面倒?なような問題が出て来た。普段、あまり印刷まで関わらないから知識も無いのだけど…。クラフト紙に白の印刷をするのに、シルク印刷で、しかもラベルを安く印刷してくれる所が見つからず、結局、自分で刷ってみることにした。引っ越して来てからはもちろん、その前から随分使っていないプリントゴッコ。引っ張りだしたら、引っ越しの時に貼ったガムテがついたままだった。ずっとアナログ印刷をやりたくて、いつでもできるように道具だけは揃えておいたが、なかなかやる時間がなかった。いや、時間を作れなかった。ガムテをとって箱を開いたとき、封印されていたなにかが解放されたみたいな気がした。インクが寒さで固かったので、温めて緩めながら印刷してみる。
一度やってみて時間をおいて見てみると、白は一版では薄く、主張に欠けていた。…再度トライして、一版目を、乾かしながら3回重ねて刷った。2版めは2回。たった2色のものに5版…どうかしてる?
印刷状態を見ながら、ずれを修正しながら…刷り師の気持ちになりつつ集中してる自分に思わず「自分は何屋だ?」とつっこむ。
先日、車の機械部分の設計をしている人と話す機会があった。「メカ設計の部門と外装のデザイナーは仲悪いですよ」とのこと。デザイナーは実現するには難しいことを要求してくるんだそうだ。
今回、自分でデザインして、それを実現させようとしてみて、両方の気持ちが分かった気がする。
プリントゴッコ熱にもようやく火がついた!
自由時間を作って、もっとオリジナルなものいろいろ作ろう!
[PR]
by yama-humoto | 2014-02-01 11:11 | 日々