「ほっ」と。キャンペーン

イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

晩秋の山

d0179044_14484269.jpg
雪の予報が出た。初雪は15日だったけど、そのあとは降らずに消えたので、まだ林道を登れるかもしれない。今年最後になりそうなので、山の上のヒュッテの様子を見に行った。2〜3日強い風が吹いたせいで、山はもう枯れ葉を全部落としきり、いつ雪が降っても良いように用意しているに潔い。「木枯らし」って、この風のことかと、今年初めて合点がいった。
d0179044_14482974.jpgそれにしても寒くない。本当に雪が降るのだろうか?実はこの秋、カメムシの出現が異常に少なかった。カメムシが少ないと雪も少ない…と聞いたことがあって、なんとなく期待している。
この時期に出るという噂のバッケを発見!気候が春先と似ているからかな?
d0179044_14473137.jpgついでに「神の雫」を少々。この時期でもまだたわわに実を付けた山葡萄がある。樹上で熟しているので勝手に我が家の「神の雫」と呼んでいる。でも、すごく高い木の上なので揺さぶったりして落とすしか無い。
d0179044_14465412.jpg落ちたブドウを拾いに沢に降りると、こんな浅い沢の流れに稚魚がたくさんいた。岩魚かな?
d0179044_14464342.jpg
蟹もいた。
水の中にはたくさんの落ち葉が沈んでいて、これが養分になっている?
d0179044_1446110.jpgヒュッテは以前の地震で水が止まってしまい、トイレも炊事棟も使えなくなっていた。廃キャンプ場だけど、ここを愛する人たちもいる。水をタンクに汲んで運んできてでも、ここで祭をしたい人たちがいる。相方が試しに、役場に水の相談をしたら、雑用水だけど水を引く工事をしてくれた!すごい!希望をはっきり伝えることで、考えているよりも簡単に事が運ぶ事がある。水が来ただけでも、キャンプ場が生き返って来た気がする。
d0179044_14454322.jpg
ヒュッテ内。
今年は相方が、春先に隙間をコーキングで埋めてみた。その成果なのか?カメムシの侵入がすごく少ない!!!ビックリするくらい少ない!
いつもは掃除しても数週間後にみれば、カメムシだらけだったのに。
ちょっとの手間で、成果が大きいと嬉しいな。ぐるっと掃き掃除をしておく。これで今度の春、どのくらい変化があるか楽しみだ。
d0179044_14451996.jpgお湯を沸かして、お茶を入れる。晩秋の山々を眺めながら。なんとも贅沢な気分。
d0179044_14442348.jpg沼の近くでやまびこを見つける。去年は爆発的に発生したウスタビガ。コンビニの駐車場でバタバタしていた。今年はマイマイガが大発生したけれど、この成虫は少なかった。カメムシもそうだけど、なにかサイクルがあるのだろうな。
d0179044_1444051.jpg
晩秋の大柳沼。また来年。
[PR]
by yama-humoto | 2014-11-30 14:39 | 日々