イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー

2011年 05月 22日 ( 1 )

田んぼの準備

d0179044_911810.jpgいよいよ田んぼの準備!
田んぼ予定地は4〜5年放置されていたところなので、草がびっしり生えてしまっている。
クロ塗りやシロかきは部落長に頼んで機械を入れてもらう事にした。
本当はなるべく自分たちの手でやってみたかった気もするけど、相方が勤め出したので時間もないし、情けない事に今は二人とも身体のあちこちを痛めてるポンコツなので、仕方ない。

機械を入れる前に草刈りをしておく。
d0179044_9105343.jpgブッシュ(草刈り機)デビュー!エンジンを背負っているので、音がすごいし、臭いし@@;それでもおもしろいように草が刈られて行く。こんな作業も、このへんの女の人は普通にこなしてるからすごいなあ。なにしろよく働くのだ。
都会暮らしの方が便利すぎて、実はだらだらしてる時間が多い気がする。
まだ都会暮らしを引きずっている私が、これから働き者になれるのか?(まあ、無理でしょう)

同じ草刈りでも、カマで草刈りしてる時は頭に音楽が流れ出ていたけど、ブッシュかけてる時は考え事に変わった。不思議なり。

d0179044_994842.jpgクロ塗り(畦作り)の機械をかけてもらう。去年は他所で作業しているのを見て、こんな機械もあるのか!と感動したけど、まさか自分の田んぼにやってもらう機会があるとは。こちらでは農作業、除雪など東京ではお目にかかれない「働く機械」がたくさん!農機具と言ったって、ロボットだよねえ。
日本の技術はすごい!と感心しちゃいます。
d0179044_991414.jpg
こちら手を入れる前の田んぼ
d0179044_985150.jpg手を入れた後の田んぼ。
「手」を入れて行く事で、みるみる成果がわかるのが農業のおもしろい所かもしれない。
耕せば、畑に変わり、種を蒔けば、すくすくと芽が出て、成長して、収穫できる。

それにしても、自分が田んぼをやるなんて。
作業しながら内心「すごいよ!私、お米つくっちゃうの?」なんて他人事のように半信半疑。
うまくできるといいなあ。
d0179044_983689.jpgゴンベが種蒔きゃ、カラスがほじくる。
土を掘り起こすとめざとく見つけて来るカラス。
虫を食べてるようです。
綺麗にした畦にのるな〜!
[PR]
by yama-humoto | 2011-05-22 09:06 | 日々