イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー

2011年 09月 09日 ( 1 )

帰りは朦朧

友人に風邪をうつされる。
それもかなり凶悪で、今朝になって本格的に病気が進行して、動けない…。水飲むのも気持ち悪くなってしまった。秋田への移動日なのに…。
会う数日前にライブに行った彼女は、「一緒に唄ったので喉が痛くなった」といって、咳をしていた。風邪だと認識していなかったようなので薬も飲まず、「咳が酷いねえ」と言っていたのだけど、(あとで知ったが、ばっちり東京で流行っていた風邪だった。)多分部屋はその風邪菌でいっぱいになっていたのだ。そこに泊めて頂いていた。泊めて頂いていたので文句もいえない立場なのだが、言う(笑)。後日、恨みのようなメールを送る(笑)。そのくらい酷かった。

夕方につく新幹線を予約していたので、昼まで部屋で休ませてもらってから東京駅に行った。
薬を買って、朦朧としながら時間をつぶす。朝からずっとなにも食べていない。お腹が減っているのかも分からなかったけど、ふらつくので、なにか食べようと思った。本当はお粥みたいのがいいなあ…と思ったけど、こんなとこにそんな味の薄いものは無い。うどんなら…と店をみると、うどんのくせに高い(笑)。やけくそになって「ねぎし」でねぎし定食(牛タンとろろ飯)を頼む。ついていたスープが喉にやさしい。隣では、上司と部下らしい女性2人がショップ内での人間関係について、相談していた。こういう悩みは時代も場所も関係なく、つねに存在するんだなあ…などと、懐かしく思いながら、牛タンをがぎがぎ噛んで、とろろ飯を流し込み、薬を飲んで、駅に向かった。
新幹線では薬が効いて来たのか、結構眠ることができた。
仙台までは早かったのに、その先の大曲までは、長く重い時間に感じた。
仕事を終えた相方が大曲まで迎えに来てくれて、朦朧としながら家に帰った。
[PR]
by yama-humoto | 2011-09-09 10:05 | 里帰り