イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー

<   2010年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

仕事の整理整頓

d0179044_1022469.jpg彰さんがある仕事で打ち合わせに行く際、私のイラストを紹介して下さると言うので、急いで作品ファイルを作る。
引っ越しで、まだ仕事関係のものの整理が疎かになっていたので、焦るわ、大したものが無い自分を再確認してトホホな気分になるわ…。反省〜。
画像は杉山家から頂いたズッキーニ。炒めていて楽しくなる綺麗さ。
チーズと一緒にマフィンに入れてみたりした。
[PR]
by yama-humoto | 2010-07-15 10:02 | 日々

引っ越しハガキ

d0179044_2344731.jpg
一日雨。
ようやく引っ越しハガキを書く。

ニンジンが勢いよく芽を出してくれた。
[PR]
by yama-humoto | 2010-07-14 23:43 | 日々

山のもの

d0179044_23182613.jpg大柳沼方面を車で探索。
帰って来たら、“山のもの”の予約?が入りびっくり。さっそく(笑)アタリをつけに再び車で山へ。初めての林道に入ってみる。予約のものはまだ花がついたばかりで実にはあとちょっとかかりそうだ。ついでにミズとワラビを少々採った。ワラビは一本取って顔を上げると次が目に入るような生え方をしていて、あれよあれよという間に薮の中に引き込まれて、大変危険(笑)。夕方だったので、クマさんと遭遇しないように早々に退散する。
d0179044_2318416.jpg←初セルフわらび。初めて、自分で灰汁抜き処理した。山菜の水煮は好きではなかっけど、旬のワラビを食べるとその美味しさにびっくりする。
山菜も野菜も、処理の仕方を事前に調べる余裕が無くて、いつもバタバタしてしまう。
持っていた数冊の山菜の図鑑は、こうしてみると、ガッツリ保存の分まで採る人向けではないんだなあ…と思った。灰汁抜きなどは書いてあっても、あとの保存方法まではほとんど無い。あくまで“アウトドアの趣味の人”向けというか、レジャーでちょっと採る程度というか…。
地元の人たちの方がその辺はプロだと思う。
早く、いろいろと対処出来るようになりたいなあ…。
[PR]
by yama-humoto | 2010-07-13 23:16 | 日々

初収穫!

d0179044_1832121.jpgキュウリがあれよあれよと言う間にぐんぐん育って、初収穫となった。
とても立派!
なんだ〜。ほっくり返しただけの所に植えただけでも、出来るもんだ!
(苗はお隣さんから頂いたもので、ポットの段階できちんと肥料が入っていたおかげであろうが…)
植物の生育は思っていた以上に早い。こちら都合で待ってはくれない。
ぐいぐい力強く生きてるなあ。





サクランボ収穫のバイトは朝早くて、普段の生活に時差が生じる。
か…海外に行かなくても体験出来たんだなあ。
夜9時には眠くて眠くてたまらない。

※前後していますが、少しずつ6月の日記も更新しています…
[PR]
by yama-humoto | 2010-07-11 18:01 | 日々

サクランボの収穫

d0179044_18384583.jpg5日ほど、近くの果樹園でサクランボの収穫のお手伝いに行っていました。
←花びらが付いたままだった実。
高級品のイメージのあるサクランボ。
こんな感じに色むらがあったら、もう商品にならないそう。
味はおいしくてもね。

d0179044_18383119.jpg朝5時からということで、3時30分に起床。お弁当を作って4時20分頃家を出る。
(道路沿いになにも無さ過ぎるので(?)近い気がしていたけど、実際行ったら30分弱かかった。)
腰に採取用の箱をつけて、いざ摘み取り!
色や大きさを見ながら、でも一個一個なんて効率が悪いので、なるべく数粒を迅速に。もちろん傷つけないように!はじめは選ぶ色の具合が分からなくなってきて混乱したけど、後半はなんとパック詰めも体験。
一粒づつ人間の手でしか収穫出来ない…とか、色や甘さを良くするための木の手入れとか…サクランボが高級品な訳が、たった5日だけでも、かなり勉強になりました。(おかげで、スーパーでのサクランボチェックが厳しくなった私たち(^^;))
いろんな仕事があって、いろんな生き方があるなあ…と、こんな歳になってですが、色濃く実感いたしました。
[PR]
by yama-humoto | 2010-07-10 18:38 | 日々

部落の草刈り

草刈りの内容の回覧板が来る。
朝7時30分にセンター集合。用意するもの、なるべく草刈り機(なければ鎌で)。

草刈り機は納屋にあったが、まだ使い方も分かっていない。ズブの素人がいきなりこんなもの持って行ったら、“使えるんだ”と間違われて、高度な場所に配置されないとも限らない。
ここは新参者らしく、二人で鎌を持って行った。
センターには続々と機材を積んだ軽トラが集まって来て、ちょっと緊張。
みんな集まった所で、部落長が我々を紹介してくれた。

それぞれの持ち場に散って、作業を開始。
私たちはかあさんたちと一緒に公園の草刈りをすることに。
鎌でちょいちょいやってる傍らで草刈り機や芝刈り機がぐわ〜んと来て、あっという間に刈り取っていく。
機械が苦手そうなコンクリの近くや階段のスギナなどをむしる取る。
作業しながら、どこから来た?とか山菜はもう食べたのか?など声をかけられ、嬉しかった。
問わず語りで、ずっとこの辺りの事や私たちの元々の住人だった人の話を聞けた。
ネイティブなままだったので、多分話しの3〜4割しか理解出来てなかったかもしれないけど。
そのかあさん(おばさんとかおじさんのことを、この辺では“かあさん”“とうさん”と呼ぶみたい。若い女の人からおばあさんまで、「おかあさん!」ではなく“かあさん”って呼ぶのが、なんかいいなあと思う。)は我が家の元の住人と同級生だったそうだ。結婚して湯沢のほうにいって、子供が小さいうちに亡くなってしまったとか。
たびたび「タバコ」になる。「タバコ」=休憩の意。
地べたに座って、かあさんたちの話を聞いていた。
若い人たちはやはりどんどんショッピングセンターの近い住宅地に行ってしまうそうだ。
スーパーの夕方になると値引きされるものが変えるのを羨ましがっていたのが可愛かった。
ずっと緑の多いこんな山にすんでいても、やっぱり自然が好きで、車で移動中にも花や紅葉などが綺麗だとついつい見入ってしまう…なんて話もきけた。でも、やっぱりみんな不安に思っているのは老後の事だそうだ。
体力のある若者が住みやすい街に行き、体力の無いはずのお年寄りの方がこの山里で暮らしている不思議。便利にモノが手に入らない環境で、自分たちで作って来たお年寄りの方がよっぽど強いと思う。
以前、雪が深い頃にこの村に来た時、背中が丸まったおばあさんが一人で雪かきをしている姿がなんだか神々しく見えた。自分もああなれるのだろうか…?と思いながら。(絶対無理だけど)。
自然と戦いながらの暮らしは都会に比べて格段に辛いかもしれないけれど、とても人間に近くなる気がする。
午前中で草刈りは終了。飲み物とお菓子をもらって、家路についた。
[PR]
by yama-humoto | 2010-07-04 19:19 | 日々

小川亭のチャーハン

d0179044_13393724.jpg庭の韮を最大限に活用中。
今日は生まれ育った玉川学園の商店街の端っこにあった中華屋さん「小川亭」のチャーハンを真似たものを作ってみました。
オヤジさんがこだわりやで(後に創作おりがみにもはまっていた)、独自に編み出したものだそうです。我が家は足しげく通い、カウンターのコーナー部分を陣取って、オヤジさんの仕事にじっと見入っていました。だから母のつくるチャーハンもこれ。私の中ではチャーハンといえばこれ。基本はこまかく刻んだ韮と人参と豚肉(写真は豚肉なしだけど)。味付けは醤油で、かなり色黒です。おもしろいのは野菜はご飯を投入してから。なので、人参も歯ごたえが残ります。思えば人参嫌いだったのに、これは大好物だったなあ。
残念ながら、もうお店はなくなってしまったようだけど(未確認)、美味しかった記憶はなくなりません。
[PR]
by yama-humoto | 2010-07-02 13:38 | 日々

初しおで

d0179044_22424876.jpg部落内の裏山に入ってみました。
林道の入り口には部落の者以外は入山禁止という看板があります。
前だったら、ちょっとオドオドしたけれど、今はもう「部落費」払ったもんね!という妙な強気で…(^^;)
入ってすぐ、狐とばったり!
向こうもびっくりして逃げるのだけど、延々と林道を走るので、随分長く追いかけっこ状態になった。
見失う位早いのに、途中で止まって様子をうかがうと我々が追いつくという…
なんで脇に逃げ込まないで、人間の作った道を使うのだろう?
知らないうちに別の空間に連れて行かれるような、不思議な気分になる。

d0179044_22421080.jpg
引っ越して来てから、ようやく収穫モードになった。
初めて入る山を車で流しながら観察。
ワラビを少しと、はじめて立派な“山のアスパラガス”「しおで」をみつけた。
道を辿って行ったら、行き止まりになってしまったので、ここで休憩。
対岸の山を眺めながら、持って来たおにぎりを食べる。
30分ほどウロウロして家に帰った。

d0179044_22423449.jpg
畑のキュウリ。
順調に育ってくれて嬉しい。
添えた小枝“手柴”に摑まるように蔓をからませている姿がなんともカワイイ。
[PR]
by yama-humoto | 2010-07-01 22:40 | 日々

小豆のスプラウト

d0179044_1356577.jpg小豆を食べたいと思って、まず小豆の種を蒔きました。
わ〜っと出た芽を全部定植するのに力尽き…残りは食べられると言うのでおひたしにしてみました。
いわゆる豆苗ですね。
今日のメニューは小豆のおひたし&韮玉。
朝食じゃないです。…夕食です(笑)。

なにしろ農業素人なので、種袋の種は全部使わないといけないのかと思ってしまい(年月を経ると発芽率が落ちると言うし…)蒔いたはいいが、この収穫量はどう処理するつもりなのか…とかの考えには至らず…。なんだか作物に振り回されて、笑われてる気がします。
それもまた、楽しいんですけどね。
[PR]
by yama-humoto | 2010-07-01 13:56 | 日々