イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー

<   2010年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

古民家を見に

d0179044_15505279.jpg
今日は雪が降り出してしまったけれど、出かける日。
山を1つ越えた向こう。岩手県、沢内村の古民家に住むSさんのお宅にお邪魔してきました。
杉山家と佐藤君+ウチの計8人。おおぜいで押し掛けてしまったけれど、快く迎えていただきホッとする。
120年くらい経つ茅葺きの家で、もうこの辺でもほとんどない想像以上にバリバリの古民家でした。

d0179044_1550979.jpg
玄関を入ると長く広い土間と馬小屋のスペース、囲炉裏の部屋が2つもありました。
薄暗い所に目が慣れてくると、天井の梁の太さにまたびっくり!とても抱えられないほどの太さです。
家の中も長年使い込まれて、黒くぴかぴか。
しかも20代後半のほんわりした女性が犬と暮らしています。
すごいなあ。私がこの年の時、とてもこんな暮らしを実践なんて出来なかったと思う。…というか、今でも無理…。
見た感じ、気負わずひょうひょうと暮らしてる彼女に脱帽でした。
d0179044_15494949.jpg
お風呂を移動するのを手伝って欲しいという事で、外に出ました。
薪で焚くお風呂@@;
夏は周りに囲いをつけつつ、外で入っていたそうです。
鋳物が入っているので、がっつり重い風呂釜を木製のソリにのせて運ぶ計画。
d0179044_15493419.jpg
これだけの人間がいても、動かすのに手間取りました(私は撮影していただけだが)。
なんとか建物の入り口に運び込んだけれど、雪囲いの茅の間から風は吹き付けるような所。
水は雪を使って、ここでお風呂に入るとのこと!
すごい強者!
…でも、ご本人は本当にほんわりした柔らかそうな女性なのです。
d0179044_15491527.jpg
囲炉裏の部屋。
天井が高くて、広〜い部屋でした。
囲炉裏にあたるのは初めてでしたが、思ったよりも温かくて実用的な感じ。
(囲炉裏だけらしいので、相当寒いのでは?とかなり防寒を意識した服装で行ったのですが)
火を囲んでお茶を飲むというのも、なかなか良いものでした。
貴重な体験をさせていただきました。
ここに比べれば、我が家のなんと俗っぽいこと!なんて思ったりもしましたが、それはさておき。
秋田に来てから、いろんな暮らし方を見る機会があって、楽しいし勉強になります。
少しずつでも、惑わされない自分たち的な暮らし方が作れれば良いなあと思いました。
[PR]
by yama-humoto | 2010-12-18 15:44 | 日々

オフハウス

d0179044_1047472.jpg
昨日と打って変わって、いい天気に。
本当にふったりやんだり不思議な天気です。
今日は横手方面に行ったついでにオフハウスに寄ってみました。
東京にいた頃はまったく興味の無かったオフハウス。最近おもしろく思うスポットです。
地元色の濃いものもあり、桜の皮細工や川連塗りのものなんかも。
ストーブ生活になってから、琺瑯鍋が欲しいと思っていたところ、なんと野田琺瑯のキャセロール(新品)が1000円!
今日はこれに巡り会うために来たようです♪早速連れて帰りました。
[PR]
by yama-humoto | 2010-12-16 10:47 | 日々

またも雪

d0179044_1041226.jpg
昨夜から降り出して、ゴンゴン積もってます。

d0179044_10404991.jpg
猫はこたつ…ではなく、ホットカーペットとシュラフの間でほっかほか。
ホットカーペットは一枚上にかけるだけで、こたつ並みの暖かさになります。
[PR]
by yama-humoto | 2010-12-15 10:39 | 日々

干し大根

d0179044_10273936.jpgお天気が続き、雪もすっかり溶けてしまいました。

干し大根を作ってみようかと…はじめは外に出すつもりでしたが、明日は曇りとの事。
中途半端に外に干すのもかっこ悪そう(大概、人に見られているので…)なので、ストーブの上に干してみました。当初、凧糸で吊るそうと思ったら、凧糸が行方不明…
とっさに思いついたのがこのハンガーです。
一カ所切って、通すだけ(^^;)案外いい感じになりました。
d0179044_10272330.jpg
ストーブは部屋がすごく乾燥するので、思いのほか早く干し大根に。
なんと2日でかりんかりん。これは今後も使えるかな?!
面白い実験でした。
[PR]
by yama-humoto | 2010-12-14 10:26 | 日々

鷹とスズメ

d0179044_9573586.jpg
魔が差してしまい…オークションで落札してしまいました…。いや、手元に来て嬉しいのですが。

塗り物のお椀です。
蒔絵がとても美しくて、図柄が素敵。
蓋の部分には目つきの鋭い鷹が描かれています。

d0179044_957216.jpg
そして、蓋の裏にはあどけなく飛ぶスズメ。
5つありますが、全部手描きで微妙に違いがあります。

普段使いの食器はどうしても、乱暴に使っても大丈夫なものがほとんど。思い入れも特にないのですが、たまにはこういうのも良いかなあ?と思う年齢になってきたみたい。
美術品扱いしないで、大事に暮らしに取り入れて行こうと思ってます。
[PR]
by yama-humoto | 2010-12-13 09:56 | 日々

立派な仕事部屋

d0179044_10125632.jpgやっとこ、自分の仕事部屋の整理に着手。
写真は秋に来てくれたN島さんが作ってくれたデスク!
一枚だけ畳のサイズが寸足らずで使いづらかったこの部屋。ストーブの設置がようやく終わったので、余った畳をここにはめ込み、ようやく二階に運び入れる事ができました。
天板は娘さんの勉強机に使っていたものだそうで(ダイニングテーブルくらいある広さ!)、でもこれも一本の材を切って張り合わせたという、えらい立派な厚みの板です。足の部分を私の希望の高さに作っていただきました!
今まで、お古のダイニングテーブルを使っていたけれど、若干低めで使いづらかったので、すごく嬉しい!パソコン作業用デスクにしてみました。
今までのものは手描き&工作作業用に。デスクが2つもある贅沢な仕事場になりました…。
が、がんばらんと!

夕方は杉山家5人と佐藤君が来てくれて、ストーブのお披露目?
来週、沢内村の古民家を訪問するので、その打ち合わせも兼ねて集まりました。
[PR]
by yama-humoto | 2010-12-12 10:12 | 日々

赤かぶを漬ける

d0179044_946358.jpg先日頂いた赤かぶを漬けてみる事にしました。
これは外側がうっすらピンクでキレイ。
割ってみると、みんな中が違うのですが…@@;何種類植えたんでしょう?
でも、この、ばらっと蒔いた感じの畑、キレイに畝立てしてやるよりも、収穫の時、楽しかったので、来年はウチもこの方法を使っちゃおうかなあ?(自家用ならぜんぜん問題なさそうだし)
d0179044_9462324.jpg
他の2種。
こちらは鮮やかなアザレア。
赤かぶと検索すると、大概は上のピンクのが出る。
濃い赤でも、ラディッシュとは違うし…
種類を調べたいけど、うまく検索できません。タネカタログを取り寄せた方が早いかな?
とりあえず、みんな酢漬けにしてみた。2週間後が楽しみ♪

d0179044_9461174.jpg
カブの葉っぱ。
鮮やか〜!
これまたすごおくキレイで見入ってしまいます。
[PR]
by yama-humoto | 2010-12-11 09:44 | 日々

またも雪

d0179044_18465134.jpg昨日、Kさんの奥さんが言っていたとおり、本当にがっつりと雪が降った。もうこれが根雪になるのか。ターツァイもっともらっとけばよかったなあ…なんて思ったりする。

←除雪車が家の前まで来てくれるので助かります。
d0179044_18463452.jpg
かなり厳しい寒さで、家の内側で窓ガラスが凍っていた…(2階)。

d0179044_1846068.jpg今日はこんな天気なのに、部落のセンターで調理実習がある。こんな天気じゃ中止かなあ…?と思いつつ、家を出ると少し先の家から足跡と細い線が2本がずっと先に続いている…。おばあさんが杖代わりの車のついたカゴ(なんて名称だろう?)を押して行ったあとだ。センターに行くともう何人もついていて、暖かい部屋で談笑していた。平均年齢65?位。みなさんお強い!(というより、東京もんが軟弱なのですが)
糖尿病予防のメニュー3品で、3班に分かれて作る事になった。小学生の調理実習と違い、大ベテランばかり。なんの打ちあわせもなく、勝手にどんどん作業に入ってしまう。2つあるシンクもギュウギュウで、入り込む余地無し。仕方が無いので、調味料なんかをちょぼちょぼと調合してお茶を濁してみたりして…。
d0179044_18453364.jpg糖尿病予防のメニューなのに、噂通り、それぞれ持って来た漬け物も出た。主催した人の話では、秋田の老人は野菜の摂取量は多いけれど、漬け物の率も高いので塩分の取り過ぎだとか。
千葉から来ている学生さんが「みそ汁をあまり飲まない」と言ったという話に驚いていた。この辺では3食みそ汁は当たり前なんだそうだ。(お弁当でも暖かいジャータイプ)外食もできないし、その習慣もないから当たり前なんだろうなあ。都会型の人よりも、食事がきちんとしているように思うし、だからみなさん料理が上手そう。
1時半頃終わって、残り物をお土産に頂き、家に帰った。
[PR]
by yama-humoto | 2010-12-10 18:42 | 日々

カブを抜く

d0179044_18225918.jpg
最近、ひんやりと冷たい空気になってきました。
明日は雪の予報。
確かに降っても可笑しくない寒さで、霜がびっしり降りています。
d0179044_182239100.jpg
玄関に誰か来たと思ったら、Kさんの奥さん。Kさんは前の部落長でお話は聞いていたけれど、家は離れているので、ご挨拶には行っていなかった。息子さんと部落人足でお話しした事があるので、お互い、北区や練馬に住んでいた事があるのは知っていた。住んでいた場所が同じと言うことで、どうして親近感が湧くのかなぁ。嬉しい訪問だった。
この近くにKさんの畑があって、植えてあるものを勝手に取って良いという事だった。
一緒に畑にいくと、いろんな種類のカブや水菜、ターツァイ、チンゲンサイ、芭蕉菜(高菜)などがある。もう雪で埋まってしまう前にいくらでも取っていいとのこと。遠慮なくとらせていただく。
d0179044_18221762.jpg
種をばらっとまいたような感じで、無尽蔵にいろいろ生えていて、抜くたんびになにが出てくるか分からない、宝探し的な畑。赤かぶだけでも3種類。白いカブ、平良(だいら)カブ等々、2〜3本づつでもかなりの量に。
d0179044_182219.jpg
ターツァイ。
存在は知っていたけど、買おうとまでは思わなかった野菜。
ニンニク炒めで食べてみた。
今回はじめて食べたけど、チンゲンサイより好みかも!
来年はウチでも植えてみたいと思った。
[PR]
by yama-humoto | 2010-12-09 18:19 | 日々

ストーブで調理

d0179044_184881.jpg灯油ストーブはすぐお湯が沸いて便利だったけど、薪ストーブはじんわりと暖まるので、ちょっと勝手が違いました。ぐらぐらと煮立つ事はないけど、静かに湧いている…。遠赤外線が出てるので、サツマイモやリンゴはアルミホイルに包んで上に置いておくだけで、中までじっくり柔らかくなる。どうやら煮物に向いているようです。
試しに卵入り角煮を作ってみたら、卵は中まで味がしみ込むし、肉は柔らか〜くなるし、おまけに放っておいても焦げ付かないので、便利!ということが分かりました。小豆は、ゆっくり煮えるせいか、食べるころには、さび色っぽいぐずぐずのあんこ状になってしまいました。私的には、お汁粉は紫っぽくて、皮が筒状を崩していないのが好き。豆の種類のせいかと思ったけど、試しに灯油ストーブの火力で煮たら、理想的なお汁粉が出来ました。同じ豆でも火の通し方で変わってしまうようです。ううむ
しばらく、実験は続きそう。
[PR]
by yama-humoto | 2010-12-08 18:03 | 日々