イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー

<   2011年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ちょっとオカルト。

d0179044_8594958.jpg秋みたいに涼しい。
台風の影響か、まだ風が強い。バタバタと音がするので庭を見ると、トマトに設置した雨よけのビニールが暴れていた。見てる間にもクリップがぽん!とはじき飛ばされていたので、慌ててはずしに行く。雨、最近全然降らないなあ。それはそれで気がかり。

2階にいると、しゅる〜しゅる〜と変な音が近づいて来た。ネコだ。
足元に来たと思ったら、うにゃあうにゃあと普段より早口でなにか言っている。口元をみたら…遊び用のヒモ…。二階までくわえてきたのだ。「遊べ」と…。ピリカはこのピンクのヒモがお気に入り。蛍光色がすきなのかなあ?他のヒモより反応がいい。けど、長いヒモを引きずりながら持ってくるのは、ちょっと化けネコちっくで、何度やられてもビビる。

夜は杉山家からお誘いがあって、夕食にお邪魔する。
東京から、Hさん親子が遊びに来ていた。中学生の息子さんは農業高校を目指してるそうだ。養蜂に興味があるとか。中学生で自分のやりたい事が見つかっていて、羨ましい。私が中学の頃はすごく漠然としていて、ぼんやり過ごしていた気がする。

彰さんが、我が家の田んぼはもう大丈夫と言ってくれた。まだまだ草を取りきれなくて、でも挫折していたところだったので、すごく嬉しい。もう、草に負ける事はないとのこと。なにしろ全部初めてだから、加減が分からない。これで、かなり気が楽になった。
[PR]
by yama-humoto | 2011-07-21 08:59 | 日々

自分の日

d0179044_7384675.jpg大型の台風が来ているようだけど、風以外あまり影響が無い秋田。涼しくてカラッと晴れて過ごしやすい。
今日は一日「自分の日」にする事にした。
仕事場の掃除。資料の整理。
私の仕事場は紙が80%強をしめている…。終わった仕事の資料やラフやメモなど…結構な量のゴミが出てしまう。他、紙もののスクラップ。スクラップしていると、どんどんイメージが膨らんで来るので楽しい作業だ。とはいえ、やる気マックスになった頃には夕飯の時間になってしまうので、なかなか制作にはとりかかれない。少しずつエンジンを温めて行こう。

画像は最近の居間。納屋にあった分厚くて立派な板に角材の足をあてて、ローテーブル風にしてみた。費用0円(笑)。
家具ひとつで空間の雰囲気が変わっておもしろい。只今、使い勝手を実験中。普通にご飯の食事は良いけれど、パスタとかは食べにくい(笑)。いつのまにか、胡座になっちゃう山賊テーブル…。
一番合うのは、やっぱり酒宴の席かな?
[PR]
by yama-humoto | 2011-07-20 07:38 | 日々
d0179044_818259.jpg少し雲の多い空。畑に行こうと外に出たら、空いっぱいにアキアカネが飛んでいた。(この辺りではトンボを「秋津」というそう。古いトンボの名称。古い日本語が普通に息づいています)そろそろゲンジ蛍が終りだとおもったら、今度はトンボ?そういえば、去年、栗の木に大量発生していたエメラルドグリーンのでかい毛虫が今年は全く見当たらない。木がエメラルドグリーンになるくらいついていて、葉が全て食い尽くされていた。これが毎年だったら、ちょっと勘弁!と思うくらいのおぞましさだった。あれは猛暑か豪雪の象徴だったのかしらん?虫の生態でなにか読み取れる事があるんだろうな。
d0179044_818833.jpg畑に行く途中でみた、うんち。小さい獣のものだ。たらふく桑の実を食べたんだね。

畑では、まず芋の子と赤豌豆に追肥。曇っていて風が涼しいので、作業が楽だ。スティックブロッコリーもそろそろ収穫できるようになってきたが、青虫がすごい。慣れてはきたけど、捕殺はまだ無理。相方が帰って来たらやってもらうことにする。ここ数日、雨が全く降らないので、人参、レタス、二十日大根、オクラなどに水をやる。枝豆も今の時期、雨が多いと実がおいしくなるというけど、ぜんぜん降らない。仕方ないので、「おいしくなってね〜」と念じつつじょうろで水をかけていった。水を汲む為にじょうろをもって20往復くらいしたかな。汗びっしょり。(でも、痩せないのはなぜだ?)ヘロヘロになって家に帰った。
d0179044_8175424.jpg
ネコ車を押しながら、来年にはなくなってしまう水路を眺めながら歩いた。
長年の泥の蓄積で、バイカモが生えていたり、カワニナ、イモリなんかもいる。蛍はこの水路で生きているのは間違いない。トノサマガエルがあわてて、水の中にダイブしたり、いきものの気配がある水路だ。
よくみたら、どじょうもいた。
こんな水路がなくなってしまう事が、本当に残念。
d0179044_8173230.jpg午後はデッキブラシを片手に自転車で田んぼに草取りに行く。もう、あまり田んぼの中に入らない方が良さそうなので、畦からデッキブラシでごしごししてみる。
ううう。多い。7割くらい終ったと思ったけど、今見ると4割くらいか@@;イヌビエらしきものやオモダカなどを抜く。
もう、いっそこのままにすると、どうなるのかを体験する方がいいのだろうか…などと、半ばヤケになる。

夕方はまるでフィルターがかけられたように、どこもかしこもピンクに染まった風景になった。なんて力強い夕焼け。
西の方に台風が来てるけれど、こちらは風以外あまり影響が無いようだ。
朝晩は涼しく、エアコンもいらないので助かる。
[PR]
by yama-humoto | 2011-07-19 08:17 | 日々

暑い一日

d0179044_7571389.jpgOさんご夫婦は台風が近づいているので、一日早く帰京された。私たちの知る50代後半の方々は、遊ぶ事への気合いが違う気がする。ダンナさまが退職されたら、「二人でカナダに行くつもり。ダンナは釣り、私はクライミング」今、岩登り教室にも通っていて、アブミの練習もしているんだそうだ。50代過ぎてからでも挑戦しようという気持ちがすごい!年齢を理由にあきらめる事が恥ずかしく思う。スケールの違う元気を頂いた。
今日も朝から暑い!部屋の中は過ごしやすいけど、一歩外に出ると一瞬で溶けてしまいそう。
湿気は少ないので、よけい日差しが痛い感じ。この暑さでは農作業もできない。
大深沢に涼みに行く事にした。車で数分。沢が道をまたいでいて、すぐに水に入る事が出来る。
ひんやり気持ちよかった。
d0179044_7565699.jpg相方は釣り。大きなイワナが釣れた。(基本、キャッチ&リリース)
私は木の実調査。
去年はハシバミが不作だったけど、今年はどうだろう?
ちょぼちょぼと実がついていた。頑張って大きくなってほしい。

d0179044_7563838.jpg
あれれ?こんにちは。
ひなたぼっこしていた日本蜥蜴。
しっぽの青がメタリックで綺麗。若い蜥蜴らしい。
この後、山越えして(山ぶどうなど、育ち具合をチェック)皆瀬へでた。途中、相方が大きめのヤマメを釣ったが、針を飲み込まれてしまったので、お持ちかえりにする。
[PR]
by yama-humoto | 2011-07-18 07:56 | 日々

草花のシルエット

d0179044_82101.jpg今日は相方はご主人と一緒に渓流釣り。奥様は単独で焼け石に行く事になった。早朝、見送って、私は田んぼと畑を見回りに。
それにしても、いい天気が続いている。夕立のようなこともなく、「梅雨明け10日」的な晴天。
暑さのせいもあってか?田んぼの水が減っていたので、あわてて堰を開けて水を入れた。
草がまだまだあるなあ。早くなんとかしなくては…。と思いつつ、この暑さ。涼しくなった夕方から始めようと思ったが、結局、雑用がいろいろあって出来なかった。やば〜い@@;
夜は再びホタル撮影に。
もう終りに近い感じで、残念ながら乱舞する写真は撮れなかったようだ。
ベストなタイミングはやっぱり現地にいないと、間に合わないものだなあ。
自然は待ってはくれない。
d0179044_82088.jpg
田んぼの脇にある流水溝に素敵なデザインが…。
お日様が草花のシルエットを映し出していて、なんともいえず綺麗。

d0179044_814631.jpg
流水溝沿いに、ふちどりのレースのよう。
暑さが首に痛いけど、しばし見とれていました。
[PR]
by yama-humoto | 2011-07-17 08:03 | 未分類

空気の入れ替え

d0179044_1061137.jpg昨日はずっと曇り。湿度が高かったせいか?連日の労働の疲れが溜まったのか、朝からだるくてだるくて仕方なかった。土曜日からお客さんがくるので一日片づけデーにするつもりが、なにもできずに終了。夕方バスに乗って十文字まで出て、相方と合流。食事と買い出し。食事が予想外の出費でちょっと驚く。ううむ。

少し前に大粒のブルーベリーの苗をいくつか買ってみた。小さいのを5本くらい。少し大きいのを1本。
木が小さい割には、毎日朝晩4〜5個ずつ採れる。
摘んで食べたり、冷凍して貯めたり。やっぱりおいしい!

d0179044_106169.jpg今日は朝から大そうじ。別にお泊まりになるわけじゃないのに、なんでこんなに大掛かりな掃除になってしまうのか…。
でも、お客様が来るということは、家が綺麗になって良い。沖縄出身のタレントが「沖縄は楽しそうに観光に来る人や住みにくる人が次から次と来るので、地元に住んでる人にとっても、新鮮な空気が入れ替えられるようで良い」というようなことを言っていた。土を耕す田畑も同じく、家の中も街や会社の中も、みんな空気の入れ替えは必要なんだな。
さっぱり片付いたところで、お客様到着。私は初対面。50代後半(?)のご夫婦。相方が御所掛温泉のスキーツアーでご一緒した方。今回は奥様は焼石岳に、ダンナさまは釣りに。そして、夜はホタルの撮影に、忙しい。凄く立派な撮影道具にびっくり。3方水平器付きの三脚なんて初めてみた。写真の世界から離れてしまっている間に、いろんなものが進化していたんだなあ。ホタルの撮影場所を探して歩いていたら、4〜5台の車が乗り付けて来て、親子連れがガヤガヤとやって来た。ホタルが出てから一度もわざわざ見に来る人はいなかったので、何事かと思っていたら、キャンプ場の人がお客さんを連れてきたようだ。ガヤガヤと往復して去って行った。ホタルはもう終盤。まだ月が出ていない空は星が綺麗に見えた。
画像は月の出。
山の峰の木々の隙間から月の光が漏れて来ているところ。
あっという間にきらきらの月が昇ってきた。地球の回転のスピードがよく解る。
思っているより早い。
[PR]
by yama-humoto | 2011-07-16 09:59 | 日々

ヤマケイ

d0179044_742971.jpg8月号の読者紀行にイラストを描かせていただきました。
特集はテント泊山行大計画
「できる!テント泊術」の」DVD付き。
テント泊…随分していないうちに、テントも進化しておりました。ううむ
[PR]
by yama-humoto | 2011-07-15 07:34 | 日々

オリジナルぽかり

d0179044_823393.jpg晴。涼しくてすごしやすい。本当は朝4時くらいに起きて作業すれば効率良いんだろうけど、なにせ眠い。22℃湿度60%くらいはほぼ全世界の人が眠くなるというデータがあると本で読んだ事がある。朝はまさにそんな気候。もう、気持ちよくておきられない。
午前中は畑。レタスの残りを植え付けた。
午後は田んぼ。雲の流れを見る。延々と雲が続いている。降るかなあ?微妙だけど、エンドレスの草取りがまっている。まだ密集して生えている辺りを集中して取る。一カ所だけど、ヒエだかアワだかが稲の中からぐ〜ん!と伸びて、すでに穂が出来ていた。もともと苗の段階で紛れ込んでいたものだと思う。植え付ける時、なるべく抜いておいたんだけどな。すごく力強く稲の中に割り込んで、抜くと稲が傷つきそう。なんとか抜く事が出来たけど、癌みたいでゾッとした。それにしても成長が早いんだなあ。雑穀の方が収穫が早いってことかな?作るのも楽そうだ。草取り、7割くらいはできただろうか?雨が降って来たので、切り上げた。
d0179044_8362958.jpgここ数日、農作業から帰ってくると、手のひらや足の裏が熱い。何とはなしに検索してみたら、なんと身体が極度に冷えている状態らしい。全身びっしょり汗をかいて、気化熱現象?帰って来たら、すぐお風呂に入るようにした。こまめに水分はとっているけど、日が経つにつれ、飲みたいものが変わって来た。はじめは甘い冷抹茶と水やコーヒー。それが麦茶と水。不思議と甘いものが欲しくなくなってくる。むしろ塩!そこで今日はオリジナルポカリ?を作ってみた。
梅干しの瓶に溜まっている「梅酢」。これを水に溶かして、うす塩味の梅酢水なるものに。クエン酸も入っているので、身体には良いはず?水より飲みやすくて良い感じ。塩味の飲み物が欲しいなら、梅昆布茶とかでもいいのかな?今度試してみよう。
夜は肌寒いくらいになった。満月で外が明るい。
[PR]
by yama-humoto | 2011-07-14 08:01 | 日々

ホタル、見納め?

d0179044_12392130.jpg良い天気。午前中、畑。レタスの植え付け(遅い!)長い畝を1人でたてて行った。鍬をふるいながら、いつのまにか頭の中に浮かんでいた曲はQueenのWe will Rock you。このリズムが鍬をふるうタイミングとベストマッチ!(笑)。なにも考えずに耕すよりも、なんだか効率が良かった。二十日大根蒔く。ダメかと思ったアズキが復活してくれたので、植え付ける。搾れる程に汗びっしょり。
午後は日差しが強かったので、畑はやめて田んぼの草取り。すでに木陰になっていた。田んぼに入ると水は生温く、両手をいれているので涼しい。
草取りはやってもやっても終らない。少しやったところで、腰が痛くて背中をのばす。見渡す度に途方に暮れる。それでも、できるだけやらなくては…。
1人の草取りもそろそろ辛くなってきた。だからタバコ(休憩)には、秘蔵の「栗福」!
6月に東京に行った時、友人宅で「あ〜あ、栗福食べたいねえ」と、新聞のチラシをめくりながらつぶやいていたら、二子多摩に実演販売がくるというのが目に入った。栗福は実演販売主流でお取り寄せもきかない。いつどこに出現するかも解らないので、私の中ではさまよえる幻のお菓子だ。(秋田なんか、まず来ないだろう…)ちょうど帰る日が初日だったので、ほくほくと買いに行き、冷凍しておいたのだ。ううう〜、やっぱりおいしい!少し元気が出たので、もう少し続けた。
d0179044_1239871.jpg今日の午前中、畑を切り上げて家に向ったら、ウチに車が乗り付けて来た。だれ?
そうこうするうちに、道路にせりだしている杉の枝を落しはじめた。だれ???
家に着いたら、SKさんだった。道路に出ている枝がトラックなどにぶつかるんだそうだ。
落した枝を片付けるのを手伝っていたら、来年、ウチの前の農道が拡張工事に入るとの事。車が行き交えない幅だからだそうだ。道を挟んだ反対側は放棄された農地で、そちらを削ってくれれば良いのに、そこは持ち主が自己破産して、担保に入っているので、あまり係りたくないようだ。なので、我が家(といっても借家だけど)の敷地が切り崩されるらしい。ウチから続く田んぼも削られるそうだ。水路も無くなると言っていた。ここは道沿いにホタルが出て凄く綺麗なのに。SKさんはここにホタルが出ているのは知らなかったみたいだ。自然を残すより、お金が発生する工事優先(なように、私には思える)なのかなあ。借家住まいでは、なにも言えない。
なので、ホタルはほぼ見納めになるかも。(担保に入っている農地の方をいじらなければ、少しは出るだろうけど)よ〜く、堪能しておこうと思う。
[PR]
by yama-humoto | 2011-07-13 12:38 | 日々

草取りの意味

d0179044_1224913.jpg
朝からカ〜!と暑くなって、昼頃には、空が耐えられなくなったように?ゴロゴロと夕立のような気配。少しだけ降った。
午後には上がって、涼しくなったので作業しやすかった。午後は田んぼの草取り。
Kさんが田んぼの見回りに来たついでに、声をかけてきた。
「がんばってるねえ。はい、ごほうび」と黒飴をくれた。「私も今日はがんばったから…」と一緒にほおばった。草取りは本を見ても、あまりはっきりしたやり方が出ていない。マンガ「リトルフォレスト」を参考にしているぐらいで、よくわからないままやっていた。Kさんが田んぼに入って来て、「いや、なつかしくてね、昔はやっていたけど、今はとても」といいながら、やり方を教えてくれた。草取りは、ただ草を浮かせるだけじゃなく、稲を広げる効果もあったのだ。
画像は落花生の花。豆科の花の形だった。黄色が鮮やかできれい。
d0179044_12235679.jpg
赤豌豆もいつのまにか、莢をつけはじめていた。
このまま、種になるまで置いておくつもりが、ついつい、さやえんどうのつもりで摘んでしまった。
いかんいかん。
[PR]
by yama-humoto | 2011-07-12 12:17 | 日々