「ほっ」と。キャンペーン

イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2012年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

家賃の振込やらの用事のついでに、湯沢方面に出かけた。気分を変えて、いつもと違う道から 行ってみようと稲川方面から。見飽きた風景の所ばかりというのはいつしか閉塞感を感じるようになってるんだなあと思った。風景が違うだけで、ホントに気分も変わった。

湯沢に2つ気になる店がある。相方が試験場にいた時に地元の人に聞いた店で、ひとつはスカイホーク(ラークではなく(笑))というレストラン。もうひとつはプレコというラーメン屋さん。どっちか迷ったけど、今日はプレコに行くことに決めた。駐車場に車は1台しかなかったのに、中に入るとお客さんはたくさんいた。(歩いて来れる距離の人?)
メニューをみて、ちょっとびっくり。普通のラーメンやとは違っていた。この辺りのラーメンと言えばあっさり醤油味で縮れていない麺。なぜか必ずお麸がのっている。ここは麺は自家製で細めんと平たい麺が選べる。しかも、普通の醤油味の他、みそ、マーユ、ブラックしょうゆ等、オリジナルの汁なのだった。私は普通のラーメンとそぼろご飯のセット。(ラーメン屋で“そぼろご飯?”という好奇心から…。他に焼き肉ごはんというのもある。)
壁に貼ってある手描きのメニューを見ているだけでも時間がたつ。「塩納豆」とか納豆ものがいくつかあった。トッピングされてくるのだろうか?注文し終わってから気づいたので、次回挑戦してみたい(笑)。なにげに飾られていた色紙に陳健一の名があった。
ラーメンはこってり醤油味。ダシは魚系かな?おいしい薄切りのチャーシュウもたくさんのっていた。そぼろご飯(普通に牛丼1杯くらいの量)は高菜漬けの刻んだのがついていて、混ぜて食べてと言われた。台湾の肉ご飯みたいでおいしかった。大根のナムルもついてきて、これも好み。今度、真似してみよう。
相方のブラック醤油味はこれまた面白い味で、コクもあり、ほんのり甘い。平たい麺が汁を絡んでおいしかった。秋田県南にこんなラーメン屋さんがあったなんて。

お腹いっぱいになって、急にgitaに行ってみようか?ということになった。
d0179044_721173.jpgcaffe gitaというのは、厳選したコーヒー豆を売っているお店で、カフェもやっていると聞いて、3回くらい挑戦しているんだけど、いつもお店は閉まっていた。豆の配達で忙しいようだ。お店は山裾の細い住宅地を入った分かり難い所にある。今日はなんと煙突から煙が見えた。やってる!嬉しい!
中に男性客2人がみえた。お店に入ってみるとカフェはお休み中で豆の販売だけとのこと。好みに近い味のコーヒーの相談にのってくれる。こだわりのお店の感じなので、寡黙な気難しいご主人なのかと思っていたら、同年代くらいのとても穏やかに話をする方だった。「練馬ナンバーですね。旅行中ですか?」と聞かれ、東成瀬に越して来た話などする。「ワイルドですね」と驚かれたけど、私たちからみると、そんなに変わらない気がするんだけどなあ(笑)。今後、コーヒーの講習会をしたりしたいというお話を伺う。豆を買うだけでお金払っておしまい…ではなく、話ができるっていいなあ。また来たいなと思った。
気分よく、パーノさんへも顔を出す。試作中のメープルシロップの話を興味をもってくれた。パーノさんには絶対食べて(舐めて?)みてもらいたい。今度もってくる約束をして、村に帰る。車の中はコーヒーの良い香りいっぱいで幸せ。
メープルシロップの仕掛けを確認しにいく。気温のせいか?あまりでていなかった。試しに他の部分にも穴をあけてみる。違う木に変えてみたら、樹液がでてきたので、仕掛けをうつし、家に帰った。
[PR]
by yama-humoto | 2012-03-30 06:34 | 日々
今日は天気がいい!
5時半に起きて、仕事をはじめた。
目が覚めたら、そのとき起きてしまうと気持ちがいい。

今日は3時からウチで話し合い。
杉山家とTさんと我々。
「ひがなる工房」の“山あそび”を実現する為に、今後壊す予定のある施設等の話をする。
どうなるのか、まだ分からないけれど、こちらも話は進みそうだ。

Tさんは山や自然に凄く詳しい人で、「森のしずく」のビンをみせたら「イタヤだろう?」とすぐに分かった。山を歩いていて「カネバチ(スズメバチ)のついている木の汁を一緒に飲んだ」というようなことを言っていた。この辺りではイタヤにはスズメバチが樹液を吸いにくるそうだ。「やつらは甘い汁の所にくる」とのこと。関東ではクヌギの木にくるなあ…ということは、クヌギも樹液は甘いってことかな?
山の話を色々聞いて、すごく参考になった。
[PR]
by yama-humoto | 2012-03-29 06:18 | 日々

ひがなる工房

今日も雪。

午前中、加藤さん、あおいちゃん、相方が道の駅加工所の見学に行った。
私も行きたかったが、こういう時に限って(?)仕事がたまっていてどうにもこうにも時間が作れない@@;
でも、仕事が忙しい程あるというのは、とても有り難い事だ。
昼過ぎに加工所視察した二人が興奮して帰って来たので、話を聞いた。
今日、作業をしていたのは、お菓子を作るグループでなにしろ凄かったと言う。
3人でそれぞれ、パウンドケーキ、パン、寒天やゼリーのお菓子をてきぱきと作っていたそうだ。
ケーキは5種類12ケース(60個!)、パンは発酵等があるから、加工所での時間内では作れないと思っていたけど、製パン機の発酵機能をうまく活用してつくっていたそうだ。時間内に仕上げるには「技」がいりそうだなあ。話を聞いて、自分にはとても出来る事が無いような気がして、ちょっと不安になる。まあ、無理はせず、自分たちが出来そうなことを模索して行こうということに。

加藤さんと杉山家と我が家の5人で、ひょんなことから道の駅の加工部門をやってみようか?という話がもちあがったのは2週間前のこと。
はじめは自分でなにができるのか?まったく白紙だったけれど、みんなで話の妄想(?)を膨らまして行くうちに、凄い勢いで事が動き始めてしまった。なにができるかわからないのに、なにかできそうな気もしてくる。この妙な前向きさ加減は春のせいだろうか???
この勢いは、私たちが東成瀬に引っ越す事を決めた時にすごく似ている。どうなるのかわからないけど、楽しんでみよう!というのも全く同じ。どうにかなるかな?どうにかしよう!…と。
立ち上げたのは「ひがなる工房」
発起人の加藤さんは東成瀬の人ではないけど、「ひがなる」の言葉の感じを気に入ってくれて、これに決まった。東成瀬の山菜や自分たちの作る東成瀬産の野菜を使って加工する意味もある。
「食」と「農」と「山遊び」をうまく組み合わせて「東成瀬」を発信していけたら面白いなあ。
[PR]
by yama-humoto | 2012-03-28 05:49 | 日々

森のしずく

d0179044_8531654.jpg
できました。
煮詰めて煮詰めて、10リットルがこの量に…。
仕事中につけている灯油ストーブで最後の煮詰め。
うっかり時間を忘れる事が多いので、こまめにチェックする。
気が散って、仕事にならず…。
気分転換にラベルなんて作ってみた。
d0179044_85358.jpg
最後に濾してみたら、白いペースト状のものが残った。
メープルシュガー?
樹脂みたいなものか?
今のところ、正体は不明。

夜、加藤さんに誘われて、みんなで道の駅の加工部門の説明を聞きに行く。
具体的になにか出来る身ではないので、気持ち的にはオブザーバー。
施設をみせてもらった。料理もできないし、得意なものもないのに、プロ使用の施設についつい興奮してしまう。
説明会後、ガストで夕飯&ミーティング。
なにができるか話し合っているうちに12時近くになってしまった。
村に来てから、こんな時間まで外にいたことはない。ましてや、ファミレスで盛り上がるなんて、まるで東京の感覚だ。
[PR]
by yama-humoto | 2012-03-26 08:52 | 日々
d0179044_8374518.jpg冬に逆戻りしたみたいに、“積もる”雪がぼんぼん降ってくる。
ここ数日、シロップ取り。あまり資料が無いので、杉山家と一緒に手探りで挑戦中。
d0179044_8373425.jpg
木の上はすっかり雪がなくなっていたのに、細い枝にも降り積もる。
今回仕掛けたところは、結構な量が採れた。
木に“脈”みたいなものがあるのか?刺す深さなのか…?
d0179044_837181.jpg
降り積もった雪で、森の中が、まるで満開の桜のように賑やかになる。
すごく綺麗。
車で走っていても、山々に桜が咲いているみたい。
こんな雪が降っていても、それでも「「春」になっているんだって思えるよね。」と話す。
こんなに雪を「まだ降るのか…」という“不安”ではなく、「今しかない風景だね」なんて“余裕”で見られるのもいいもんだ。
d0179044_837150.jpg
今回集められたのは10リットル弱。
見た目は普通の水。
でも、ちょっと香りがある。飲んでみるとほんわり甘い。
d0179044_8364641.jpg
これからが大変。
ひたすら煮詰める。
我が家のストーブでは、火力が足りない。
ちょっと気が遠くなる。
[PR]
by yama-humoto | 2012-03-25 08:34 | 日々

雪の上のデザイン

d0179044_748173.jpg溶けかかった雪の上に、昨日、また雪が積もった。
庭に出てみると、ほんわり暖かい。寒いんだけど、ほのかに暖かい。
春なんだなあ。
庭の雪の上にデザインを見つける。
上にうっすら雪が乗って、形が浮き上がっていた。
d0179044_748621.jpg
d0179044_7475053.jpg
[PR]
by yama-humoto | 2012-03-24 07:47 | 日々

まだまだ寒い

d0179044_7393740.jpg
春の様子をみせつつも、まだまだ寒い日々。
朝、灯油ストーブをつけるとネコががぶり寄る。ヒゲがこげないか心配な程に…。
仕事が詰まって、ここ数日、ほぼ外に出ていないなあ。

冬の間、やりたいと思っている創作にまったく手をつけられず。
やっと実行できた!…という夢を何度もみる。
私の夢にしては珍しく、とてもスムーズに事が運ばれて、どんどん作っている。
起きてすぐその延長をすれば良い位リアル。
[PR]
by yama-humoto | 2012-03-23 07:38 | 日々

d0179044_9112549.jpg
家の中より、外のほうが暖かく感じる。山の雪もずいぶん落ち着いた様子。
木々の枝先も芽がふくらみはじめている。
雨が降るようになって雪も沈んで、すっかり春の気配。
雨は雪が降る音よりうるさい。
雪は音も無く降るけど、トタン屋根が賑やかに騒ぎ出すと、「あ、雨だ」と思えるようになった。
今まで静かに暮らしていたせいか、妙に耳につく。
雪の方が良いなあ…なんて勝手な事を思う。

d0179044_911765.jpg
相方がせっせと庭の雪をはがす。
おかげでずいぶん土が出て来た。

d0179044_9105487.jpg
雪の下で、春の準備をしていたヒトがいち早く芽を出し始めている。
これは福寿草。
水仙もつんつん芽を出している。
はやく咲け咲け!春よこい!
[PR]
by yama-humoto | 2012-03-22 09:09 | 日々

雪まみれツアー!

d0179044_18145877.jpg朝からいいお天気になった。
昨日はときどき吹雪いたり晴れたりの不安定な天気の中、相方、あおいちゃん、加藤さんの3人は大柳沼の方へスノートレッキングにいった。私はもうどうにも時間を捻出しようがないほど仕事が溜まってしまっていたので、しぶしぶ見送った。今、ちょっとした計画がひょんなことから急に加速して進み出した。いくら無理矢理やろうとしてもなかなか動かない事もある。こうした“時期”ってあるんだと思う。スムーズに動き出したなら、多分きっとうまく行くのでは?午前中歯医者に行った相方は帰りに、またある人と会って、さらに計画が進展しそうな気配になってきた。エンジンがかかった相方は、家でお昼を食べて早々に、大柳からのルートを視察しに行くといいだしたので、今日は私も同行することにした。
d0179044_18143735.jpgいいお天気で、雪の状態もすごく良くて、今日来て本当に良かった!
雪崩の心配も兼ねて、ビーコンなんてもたされたからちょっとビビってしまったけど、ぜんぜん平気そうだ。
d0179044_1814147.jpg急登を登って降りるのなら、ちょっとスキーは自信無かったので、今回はワカンにした。
実際きてみたら、私でも滑れそうな所もいっぱいあったので、ちょっと悔しかった。練習するにももってこい!
次回はテレマーク持って来よう。
d0179044_18133717.jpg車を止めた所には3台の軽トラが止まっていた。2台はスノーモービルを載せていたよう。
山の中をガンガン走った痕があった。山の仕事の人?…でも、あとで一台と行き違った感じでは、クロスカントリー(?)というか、多分遊びで入っているようだ。私の知っているスキー場で見るような横幅のあるタイプではなく、バイクみたいに身軽なスノーモービルだった。あんなのあるんだ。
走った痕はスパイクがしっかりついていた。
せっかくのフィールドにスノーモービルねえ…といいつつも、相方は「宝くじが当たったら買う!」とのたまっていた。まずは宝くじを買えるお金をつくらなきゃね。
d0179044_18125247.jpg今月に入ってからずっと治らない風邪をかかえ、仕事ばかりしていたので、運動不足が心配になっていた。今日はがっつり汗をかいて、半月分の運動不足を解消できるかも?と勝手にほくそ笑む。
人間も動物なんだから、一日の基本的に消化する運動量ってのがあって、一日中(PC等で)同じ姿勢で過ごすとか、だらだら一日寝ていて動かないというのは、生物学的にはすごく異常な事なのかもしれない…と時々思う。私は決してフットワークが軽くないし、運動も苦手。運動はキツいなあ…と思いつつも、こうして山に来て汗をかくと身も心も軽くなって、嬉しくなってくる。
ウサギの足跡がたくさんあった。木の枝をがじがじした痕が…。

d0179044_18123389.jpg休憩。
ガイドさんが足場をちょっと掘りごたつ調に掘ってくれたので、ゆっくり座ってお茶が飲めた。
対岸の山々を眺めながら、なんとも贅沢なひととき。
d0179044_18115614.jpg
雪が2m位積もっているので、普段は高い場所にあるヤシャブシの実に手が届く。
実をぽんぽんと揺すってみたら、種がたくさん出て来た。
冬の間、ぎゅっと種を抱えていたのかな?
これからがまき時なのかな?
山の中でヒントだけもらう。
知らないことがたくさん。

d0179044_18105727.jpg帰りは滑り降りるのみ!
相方は気持ち良さそうにテレマークで。こんないい天気にこんな良い雪質の時に!
ワカンで来た事を、つくづく残念に思う。もってきたシートでシリセードで降りた。
これはこれで楽しかった。雪まみれになったけど。
ちょっと前に鉄腕ダッシュでスキー場の上から雪玉を転がして巨大化させる…という企画をやっていた。テレビだからいざとなると重機が出て来て軌道修正するという大掛かりなものだったけど、やっていることは極めて単純なのに、妙に面白かった。変に奇をてらったアイディアで小難しい事をするよりも、子どもでもできるくらい単純なものの方が、人間って心から無心で楽しめるんじゃないかな。五感で楽しむって気持ちいい。

d0179044_18101014.jpg帰りに杉山家に寄ると、あおいちゃんが煙突掃除を終えたところだった。
近くにメープルシロップを取る仕掛けを設置した木があるというので、一緒に見に行ってみた。
去年、村の大工さんがやってみたというのを聞いて、今年は私もチャレンジしてみたいと思っていた。まずは樹皮だけでイタヤカエデを探せないといけないなあ。
仕掛けたバケツには3分の2くらいの水が溜まっていた。舐めてみると…う〜ん…水?という感じで甘みは感じなかった。これを煮詰めると甘いシロップになるという話。
山にはまだまだ、楽しみがザクザク!
[PR]
by yama-humoto | 2012-03-16 19:13 | 日々
d0179044_10301571.jpg我々の風邪のせいで一週間延期されたミーティング。
今日、あらためて集まった。
加藤さんがお手製のつばき餅を持って来てくれた。今朝、起きた時に閃いて作ったという。すごい!
あおいちゃんも最近開発(?)した、きなこのクッキーを持って来てくれた。これも香ばしくてすごく美味しいの。

d0179044_1030294.jpgつばき餅はあずきでっち風とあんこを中にいれたバージョンの2種類。
もち米に蕎麦の実も混ざっていて、なんとも贅沢な椿もち!
加藤さんは野菜ソムリエの資格ももっていて、料理の話を楽しそうにする。
口で言ってるだけじゃなくて、即実行に移しちゃう行動派。
こういうモチベーションの高い人がいると、いいなあ。何となく引っ張られて、自分もなにかしたくなっちゃうもの。
「楽しそうな事をしてると、人が自然に集まってくる」っていうのは本当だなあと思う。
[PR]
by yama-humoto | 2012-03-14 10:29 | 日々