イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー

<   2012年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「やらされている」感

d0179044_16155679.jpg
つけっぱなしのTVで、偶然「ようこそ先輩」をみた。はじめは見るとも無く…けれど、どんどん引き込まれてしまった。バングラディシュで支援や寄付に頼るのではなく、現地の人々が自立して働ける場を作った日本女性の話。20円ぽっちのジュートの頭陀袋を2万円のバッグにまでしたてた。昔からそこにある素材を上手に使って、みんなが欲しくなるようなものを作る。現地スタッフとゼロから企画して。今回のこのデザイナーの女性が出身校の小学生に行った実験(?)がおもしろかった。鶴を折ってもらい、5個単位で買い取る(今回のためにお札のダミーを用意)ので、どんどん作ってくれという。はじめは意気揚々と鶴を折っていた子供たちが、時間が経つにつれどんどんとダレてきた。ダレてくると鶴の完成度もスピードも落ち始めた。こんなに判りやすく!?と思うぐらい、鶴はぐだぐだだった。完成度が低い鶴は買い取らないといわれると、やる気をなくす。ある女の子は「やらされてる感がして、いやだ」といっていた。今度は自由にいろいろな材料を使って、それぞれで作品を作るように言われると、みんな創意工夫してさまざまな作品が生まれた。それを買い取る段になると、なんと値段交渉がはじまった。自信があると言い値よりも高い値段を堂々と言う事ができる。作り手と買い手の立場が逆転した。
「やらされている感」は集中力の低下、品質の劣化を生み出した。自分からゼロから考えて作品を作っていくという事の充実感が、良い製品を生み出していく。バングラディシュの現地スタッフの人たちも「ゼロからサンプルを作り出すのがとても大変」といい、でも「それが楽しい」といっていた。彼らの年収は現地の平均の2倍になったそうだ。

「やらされてる感」
子供たちの行動が、働く大人の縮図のように見えて、面白かった。
暮らしていくための会社への依存。心のどこかで「宝くじが当たったらやめる!」なんて思いながら、日々、ずるずる働いていると、人生がつまらなく思えてくるのも、この心理と全く同じなんじゃないかと。

途上国の中で「自立する」という話だったけど、これ、日本の過疎地にも、当てはまる問題の気がする。視点を同じくして考えると、ちょっと面白いものが見えてくるかもしれない。

などと、考えながら歩いていたら、突然、眼鏡に虫ががつん!と当たった。なんてでっかいてんとう虫!眼鏡なかったら、コメカミ直撃されていた。危ない危ない。
[PR]
by yama-humoto | 2012-10-27 16:02 | 日々

宴のあと

d0179044_9303248.jpg昨日と打って変わっていい天気!ちょっと憎い(?)。
さすがに朝から疲労が残っている。でも、気持ちはすごく上向き。
畑を見に行くと、Mさんが庭でキノコの処理をしていた。「今日、落花生を抜いちゃおうかと」と話すと、「まだだろ。もっと葉が枯れてからじゃなきゃだめだ」と教えてくれた。Mさんは落花生まで分かっているのか。実際、まだ葉が元気だ。ひと苗抜いてみたけど、Mさんが言うように、もうちょっと待った方が良さそうだ。芋の子を抜いてみたら、できていたので、こちらを抜いて帰った。
d0179044_9294473.jpg宴のあと。
大鍋を洗って、「あ〜、終わったんだなあ」としみじみ。昨日までの緊張は、今となってはいらん気苦労だったなあ。
気が抜けたせいなのか、なんだか悪寒がしてだるい…、熱が出てきた。歳…というか、基礎体力がなさすぎだ。ちょっと横になってから、メールの確認をしたら、超特急希望の仕事が入っていた。体はだるいけど、なにしろ気持ちは晴れ晴れして軽い。アイスノン頭にのせて、仕事に就いた。こういう時はサクサクいける!(笑)
次の扉を開いた気分。また、気持ちも新たにがんばろ〜!っと。
[PR]
by yama-humoto | 2012-10-22 09:29 | 日々
朝、5時過ぎに起きて、呆然。昨日までいい天気だったのに、今朝は嵐のような雷雨だ。こんなんじゃ、開催は無理かなあ?と不安になりつつ、準備を始める。ノボリの印刷部分にアイロンがけ。鍋用の具材の下処理。一升炊きと一升半炊きの炊飯器が用意できたので、10㌔の米をそれぞれ計ってビニールに分ける。研ぐのはタンクの水でなんとかできそう?と、そのまま。残りのお菓子、スイートポテトも作る。ばたばたと用意してるうちに時間が迫ってきてしまった。薄暗いものの、雨は小降りになってきた。相方は一度、持っていけるだけの荷物を積んで、ヒュッテにあがった。その間に準備を進める。10時すぎに戻ってきたので、残りの道具を積んで私も乗り込む。ああ、ろくに顔も洗ってないよ!と発進してから気づく。
d0179044_10465440.jpg天気は悪いけど、須川に向かう観光の車はひっきりなしにあがっていく。これなら50台に一台でも迷い込んでくれるかもしれない?
会場にいく山道は、本道から脇道に入る。分かりにくいので、案内人のかかしを置く事になった。若い衆が作ってくれた力作が、すでに設置されていた。なんだかわくわくしてきた!
このかかしのドレッドヘアは藁からなった縄を編んで作っている力作!若いのに縄をなえる事に関心!こういう技術が細々とでも残っていてくれるのが嬉しいなあ。
d0179044_10464083.jpgかかし二人め。
d0179044_10462785.jpgかかし三人目。分かれ道を誘導してくれた。かかしは会場に来た人たちにも好評だった。今度はもっと人数を増やしたいねえ。
d0179044_1046127.jpg会場。普段は寂しいヒュッテの下が、ちょっと楽しげな雰囲気に変わっていた。野菜やお菓子などのお店も出店。けれど、風が冷たく初冬のような寒さ。これでは、お客さんはあまり期待できない。まあ、人が来なければ、自分たちで食べれば良いさ。急いで、芋の子汁を作る。芋を煮るにも、やはり大鍋では時間がかかっってちょっとやきもきする。その間に、おにぎりを作る。「どどど、どうやろう?」とわたわたしていたら、会場に来ていた女子たちがなんとなく集まってきて、米を分量ごとに分ける人、握る人、ラップ切り係、くるむ係と自然に分担して、「女子校の料理実習みたいだねえ」なんて楽しく笑いながら。人数もいるのであっという間に50人前のおにぎりができた!握っている間に芋の子が吹き出したので、あわてて鍋に戻る。他の具材を投入、味付け。…やっぱり、醤油もってくるべきだった〜!と思うも山の中。ひがなる式はこういうものだと、思っていただこう。
d0179044_10455444.jpgそうこうするうちにお客さんがちらほらと現れ始めた。お菓子の準備もできていない。とりあえず持ってきたお菓子はラッピングする時間もなく、その場で切りながら売れば良いか…?と裸のまま。それらを出して、あ!お金の準備が!と車に戻って用意をしていたら、「お客さん来たけど」と呼ばれてしまった。ちょっとまってよ!値段も決まって無いんだよ〜!@@;すごく焦る。しかたがないのでお客さんと話しながら値段を決めてしまった。ガムテープやらが散乱する中のお菓子をお客さんは買っていってくれた。(涙)
値段を決めてポップをかこうと車に戻ったら、今度は「芋の子汁のお客さんがきた」呼ばれる。ああああ、できる事なら分身したい。あのかかしたちが手伝ってくれたらいいのに〜と心で半泣きになりながら、売り場に戻る。そのうち、要領を得た相方が芋の子汁の方をやってくれて助かる。寒さも手伝って、芋の子汁も大好評だった。「マジうまかっったっす!」と言ってもらえるたびに、嬉しくなる。「ありがと〜」と、こちらもお礼を言う。学食のおばちゃんってこんな感じなのかな?お米も調達が間に合わず、我が家のものだ。稲作2年め、一応無農薬だが、今年はかなりほったらかしだった米。こんな米でいいのか?と不安に思いつつ。だけど、みんなすごく喜んでくれた。知人ならともかく、全くしらない人に自分の作った物をふるまう不思議。喜んでいるのを目の当たりにする幸せ。今までの苦労(9割が気苦労だが)はふっとんで、なんだかすご〜くあったかいものに満たされて幸せな気分に包まれた。
ばたばたして、結局、鍋もおにぎりも写真を撮るのを忘れた。自分の食べかけを慌てて撮影。d0179044_10454037.jpg
お菓子。つくりたかったハリネズミのスイートポテト。みんなにも受けてよかった♪道の駅では生っぽいものはだせないので、こういうときならではの遊びをしたかった。頭の中では、もっといろいろ計画していたのだけど、結局間に合わなかったのは残念。まあ、また機会はあるだろう。昨日、加工所にいったあおちゃんは、まさかのダブルブッキング!というトラブルの中、なんとかお菓子を作ってきてくれた。カボチャのパウンドはすごく綺麗な色で、お客さんの目が一番に引き寄せられて、無事完売!
他のお菓子の写真も撮らずに終わる…残念。
d0179044_10451715.jpg空の木ガーデンさんのブース。みどり祭りでもお会いして、パンのワークショップが楽しかった。またお会いできて嬉しい!ラッピングも素敵なお菓子が並んで、会場を華やかにしてもらえた気がする。
我々のような俄菓子屋と違い、こちらはプロ。一つ一つが本当に落ち着いていて、美味しい。シュトレンやケークサレを購入。すごく美味しかった!
d0179044_10444492.jpg3時過ぎからライブが始まる。今回、来てくれたのは3組。いったいこのヒュッテがどんなライブ会場になるのか?そもそも音響に向いているのか?もわからないまま。1組目の演奏は我々は聞きにいけなかった。芋の子汁&おにぎり完売!
ここは山の中で、近くにコンビニも無く食料が調達できない。もう一度、一升分の米を炊き、小さめのおにぎりを作った。こちらはライブを楽しんでる人たちに自由に食べてもらう事にする。片付けて、ライブ会場にいってみた。Kさんお薦めの一二三(ひふみ)というグループ。素敵素敵!可愛い歌と心地よい演奏だった。関西から来てくれたとの事だった。こんな山奥に!…と改めて、感謝!
d0179044_10442851.jpgIndus&Rocks
かっこいい!かっこいい!こんなバンドあるんだ〜!音がすごい。
ものすごい(我が家だったら壊れてるんじゃないか?という)大音響で、体を音で包まれてどこにも逃げられない時がある。音の洪水に溺れるような錯覚さえあるんだけど、音に不快感がない。強い音なのに、すごく心地よくなるのが不思議。
d0179044_1044276.jpgライブは押しに押して10時近くに終わった。灯りをつけたら、みんなすごく笑顔!幸せな顔になっている。これって成功ってことでいいのかな?みんな普通に「来年は…」なんて言っている。今回限りかもしれない…と取り組んだお祭りが、もうみんなが「来年を楽しみに」してくれるものになっていたようだ。みんなみんなおつかれさま!
東京にいたら、イベントに参加する機会も、ライブハウスに行く事も、まずなかっただろう。今回のアーティストさんたちに会う事も曲を聴く機会も無かったと思う。今日、いろんな人とあえて、笑い合えて、すごくすごく幸せ。
暖かいものがいつまでも胸に残る、とても貴重な体験ができた。大人の文化祭?
50も近いこの歳で、こんな新しい経験ができるなんてね。幸せ者です。
[PR]
by yama-humoto | 2012-10-21 10:42 | 日々
d0179044_1018749.jpg午前中に彼女さんを途中で拾って、山登りに行くというSさんを横手まで案内して、分かれた。我々はそのまま、買い出し。途中、彰さんからなにかやることはないか?とメールが入ったので、芋の子を剥いておいてもらう事にした。昨夜持ち帰ってきた芋の子は、なんと引っこ抜いたままの泥付きで、予想より時間かかるなあ…と思っていたので、ありがたい!具材の量が今ひとつ分からず、一カ所でいちいち悩む。味付けは見本は「たまり」だったけど、手に入らなかったので味噌に。スーパーをぐるぐるしているうちに、急に開き直る。キャンプの「外ご飯」ってそれだけで美味しくなるものだ!よね?それらがスパイスになって、きっと美味しくできるに違いない!(かなりのビビリ…)具材が足りなくなったら、薄めれば良い!(笑)
家に帰ったら、やる事リストを書き出す。のぼり旗の印刷。大きな布を広げる所がお膳しか無い。印刷自体は楽しい。時間ができたら、テキスタイルで遊びたいな。そのために、納屋の中整理して大きな作業台を設置しようかな?なんて考える余裕もでてきた。合間を縫って、お菓子作り。今日、加工所に予約を入れたけど、結局私は行けず、あおちゃん一人でお願いした。でも、自分もお菓子は作りたい(むしろこっちに専念したかった)。自分の楽しみも欲しかったので、家で作れる量だけ作る事にした。道の駅では出せないもの。大量に作った渋皮煮を存分に使った(総量、一本に30個以上!)パウンドケーキと、山のもののジャム(さるなし、ヤマブドウ、クルミ&メイプル)を使ったマフィン。夜一時までがんばったけど、印刷が間に合わない。あとは朝やる事にして、寝た。
[PR]
by yama-humoto | 2012-10-21 10:17 | 日々

霊的な怖さ

家の中、過去最大に荒れまくっていて、どこから手を付ければ良いかわからない。頭の中も散らかりまくっている。田んぼや畑がその人を表すというけど、家の中も同じだな〜@@;
そんな中なのに、祭りの飾りをつくるべく、買いためていた布を引っ張りだす。裁縫は苦手なんだけど、紙とか布とかが大好きで、気に入ったものがあると買い込んでしまっていた。ハサミをいれる勇気がなかなか起きず、溜め込んだ布、かれこれ20年分?が今役に立つ時が来た?(汗)
雨でも対応できそうな化繊混紡の白い布が出てきたので、これを祭り会場までの道中に置くノボリ旗に。他の細かいプリントものをフラッグガーランド用に見繕った。仕事を進めつつ、メール返信待ちの合間に三角に切り出したり、のぼり旗をどういう形にするか思案する。ノボリ用のL字のポールが無くても使える形…。ひもでつるすか?電柱に巻き付けるか?最後には、ええい!どうせ一日限り!設置は任せた!と投出し…、最小限、必要と思われる構造で何種類かの旗を縫い、プリントをしてみる。当初、面倒なので、油性マジックで手書きしてみたら、見事に滲んだ。墨もだめ。他に何か無いか…画材をひっくり返したら、シルクスクリーン用の布用インクが出てきた!大きさからもっているスクリーンでは足りないので、急遽型染めに変更。これが滲まなくて一番良かった。ただし、型が一度限りしか使えないので、枚数分、型を起こす。効率良いのか悪いのか分からん。
夕方からSさんが東京(正しくは茅ヶ崎)から東北旅行にくるついでに寄ってくれるというので、午後からはばたばたと片付け。…片付く訳も無く(笑)、布やら、印刷インクやらの箱が積まれ部屋が狭い。
Sさんは一関から須川を超えてうちにくる予定が、寝坊して出発が遅れたとの事で、須川に来た時にはすっかり暗くなっていて、紅葉はみれなかったようだ。須川で温泉に入ってから我が家にくるまでも、レンタカーのナビは変な誘導(あきらかに違う道へ引き込もうとする?)をするし、真っ暗で、何か出ないか(霊的なもの。笑)怖かったといっていた。もともと霊感なんてないけど、そういえば霊的な怖さってここに来てから感じた事がほぼ無い。暗闇で「出る」と言えば、動物だし(笑)。霊よりもクマの方が現実的に近い。生き物や自然がたてる音とか、そういうものに気を向ける事の方が多くなったのかな?「霊的な怖さ」ってすごく都会的なものに思えた。
夕飯は栗ごはんと芋の子汁(練習用…)のみしか、用意できなかった。も、申し訳ない。冷え込んできたので薪ストーブを焚く。相方との昔話などを聞いた。
[PR]
by yama-humoto | 2012-10-19 09:34 | 日々

脱穀

d0179044_14264892.jpg稲の脱穀をする。本当は3週間は干しておかなければいけないようだけど、3週間めは21日の祭りの日。仕方なく、相方が仕事の休みを取利、早めに脱穀する事にした。午前中に終わらせよう!と早めに動き、軽トラを借り、ハーベスターを借りに行った。

d0179044_14263735.jpg
朝露が冬の朝の感じ。冷え込みがきついけど、日中、日が出れば暖かい。
ばさばさとハーベスターにかけ、はさを解体して長木を栗の木に立てかけた。以前借りたバインダーを杉山家に返し、ハーベスターをかっちゃんの家に戻しにいき、午前中には終わった。
d0179044_1426251.jpg
お昼はしこんでおいた栗ごはん。ご飯を軽く食べてから、籾摺りをお願いしにいく。今年は去年より作付け面積も少ないし、干した稲束が妙に軽く思えた。少ないのを覚悟。2袋とれれば良しとしよう。籾摺りに持っていったら、「少ねえなあ」と言われてしまった。少ないので、作業に時間がかかるかもしれないといわれたのに、翌日の夕方には「できたよ〜」と連絡が入る。4袋+くず米だった。あれ?去年と変わらないような?去年はくず米がもっとあった気がするけど、今年は3升ほどだった。しかも、精米してくれていた。くず米以外のお米の方も、気のせいか透明感があって、いい感じ。去年、多く入っていた傷のある米が無い。今年の方が出来は良かったのかな?それとも、気の毒になって、他所の良いお米をいれてくれたんだろうか?
とりあえず、一安心。
[PR]
by yama-humoto | 2012-10-17 14:25 | 日々

よそ者と若者とばかもの

d0179044_11524216.jpgいよいよ、来週が収穫祭。あと一週間しかないのに、どうなることやら?今日は飾りなどを作るということで集まる。H君は用事があってこられないと連絡があった。行ってみると、誰もきていない…。まあ、こんなもんか…と思いつつ、ヒュッテに入って作業をしていたら、Y君が来ていた。その後、Kさんも来て、外から楽しそうな話し声が聞こえ始めた。
d0179044_11522385.jpg外に出てみると、Kさんは藁から縄をなっている。これで文字をつくってみようと。
Y君はかかしを制作していた。一見クールに見えるY君だけど、作ってる姿をみていたら、口元が緩んでいて、かなり楽しんで作っているのがわかった。そうだよね。いやいや作ったものが楽しい雰囲気を出せるわけないし。イベントを起こすなんて、貴重な体験をたのしまなきゃ!
d0179044_11515483.jpgおかげでかなり前向きに(?)フラッグガーランドをつくる。こんなものでも、ちょっとは会場を明るくできるのではないかな?
せっかくこんな山奥まで、わざわざ来てくれる人のために、ちょっとでも楽しい思いをしてもらいたい。
d0179044_11512321.jpg今朝、つけっぱなしのテレビから「キーワードはよそ者、若者、ばかものです!」というフレーズが聞こえてきた。どうやら、地域を変えるのに必要な要素だとのこと。忙しくて、結局そのテレビをゆっくり見られなかったけれど、「よそ者、若者、ばかものが地域を変える」と言う言葉が妙に頭に残った。確かにそうかもしれないなあ。それ以外の人って、結局、羽目をはずさず、面倒な事を避けたがる保守的な人ってことだもんな(まともな暮らしを守りたいなら、当然の事)。わざわざ静かな湖面を揺らしたいってのは、ひとアクションよけいにしたがる変わり者だ。
地域を変える云々は置いといて…今、ここにいる人たちはあきらかに損得を考えずに楽しんでる「ばかもの」だなあとなんだか嬉しくなった。
[PR]
by yama-humoto | 2012-10-14 11:50 | 日々

ごほうび?

明日の準備のための準備。横手方面に買い出しにいく。何が必要か分からないまま、パッケージプラザ、100均等を見て回る。なんだか焦りばかりで、頭の中が空回りしている。ずっと気になっているのは、芋の子汁の手順(これが円滑に行かないと、遊びの部分であるお菓子作りまでたどり着けないきがして)。準備をみんなでやろうと話していたけど、ヒュッテには水が無い。芋をむいたり、10 ㌔近い米を研いだり、水が多く必要になりそうだし、鍋も一つにするかいくつかに分けるか?そうこう話すうち、村のまるごと自然館の厨房を借りて、前日に仕込めばいいのでは。ということになった。まるごとなら大きな鍋もあったな。あれ借りられるだろうか?大きな炊飯器もあったな…とシミュレーションするうちに、「50人前の鍋物(液体)を、くねくねの山道のヒュッテまで、どう運ぶんだ!?」という考えにぶちあたったのは夜中。がばと跳ね起きてしまい、そのまま眠れなくなってしまった。仕方が無いので、起きてPCを開き、会場の飾り付けなどのヒントになるようなものを探したりした。眠りたいのに眠れない。ソファで寝ている猫にくっついて添い寝しているうちに朝になった。前日仕込みが無理なら、全部の材料を下ごしらえして、ヒュッテで煮れば良いか。あ!ヒュッテにはガスも無い!…などなど、相方と相談し、加藤さんに応援してもらう事にして、連絡を取る。大鍋を二つとカマドも貸してもらった。ガスボンベは「芋煮会」などのイベントでよく使われるから、ガス屋に行けば、レンタルのボンベを貸してくれるという、ありがたい情報ももらった。人の助けがすごく嬉しい。なんとかなりそうな気がしてきた。

d0179044_13501461.jpg
途中、リサイクルショップに寄って、なにげなく棚を流し見していたら、超びっくり!
新品のDANSKのマグカップ!?が2個。しかも、一個420円だった!
「なんでここにDANSKが!?」の“で”のあたりで、2個ともカゴに。
「これやるから、もちょっとがんばれ」と神様が言ってくれてるような?(笑)
d0179044_13494626.jpgついでに、同じ店で見つけたケーキドームも勢いで買う。本当に必要か、微妙だったものの、これ使ってお菓子を出せるようにがんばろう!と、こちらも自分励まし用に。気分を盛り上げて乗り切ろう!
[PR]
by yama-humoto | 2012-10-13 13:48 | 日々

輝くサツマイモ

d0179044_11454317.jpg今年、借りた畑はすごく状態が良くて、なんでも良くできる。
試しに植えた紅あずまもワサワサと繁茂している。試しに一カ所掘ってみたら、黒い土の中にピンク色の芋が姿を見せた。掘り立ての芋って、ものすごくキラキラしていてまぶしい。全体に良いサイズに育っていたので、大成功!
今度の収穫祭はこれでなにかお菓子を作ろう!
[PR]
by yama-humoto | 2012-10-11 11:45 | 日々

フライヤーできる

d0179044_11301930.jpgスタッフのHくんが先日撮った写真でフライヤーを作ってくれた。スタッフ全員仰天?のすばらしい出来!これで一気にイメージが固まり、みんな盛り上がってきた!…と同時に、こんな立派なフライヤーを配って期待してきた人たちをがっかりさせないようにしなきゃな〜と、責任も感じる。それにしても「イメージ」ってすごい。今まで胡散臭く思っていたであろう人ですら、急に興味を寄せてきたり(笑)。いいイベントにできそうな気がしてきた!
d0179044_1130554.jpg
時間のない中、こんな素敵なフライヤーを組むなんて、H君のやる気が伺える。みんな初めてのイベント作り。それぞれで「こうしたら楽しいんじゃないか?」という気持ちから、自主的に動かなければいけないんだなあと感じた。「言ってくれればやる」というのは、また別なのだ。「なにをやるか。そのためにはどういう準備が必要か?」を各自考える所から、ようやく形ができていくのを知る。
[PR]
by yama-humoto | 2012-10-10 11:29 | 日々