イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

d0179044_107506.jpg 12月に入院した時の病名特定のため、大腸の内視鏡検査をすることになった。退院する時の話では2月くらいという話だったが、再診で相談した時には、今月中が良いという。…仕事がとても詰まっていて体力に自身が無かったので、一応「2月では?」と聞いてみたが早い方が良いと。気持ちが尻込みするもうひとつの理由は雪。1月から2月は雪に閉じ込められやすいので、出かけるのが大変になる。東京だったらしなくていい心配だ。「雪の状態によってはこられないかも…」というと、「ああ!そうか〜!東成瀬だったか」と納得された。一応、月末ということになって、検査前日からの説明を受けた。3〜4日前から繊維質の多いもの(海藻とか)と乳製品はとらないこと。前日は検査食と水分、お茶などのみ。夜寝る前に下剤3種類…。検査食は指定で2種類あった。ひとつはおかゆと味噌汁のみの食事と、間食付き¥1500。もう一つはちょっと煮物などのおかずがついていて、¥1800…。おかゆとほぼ具なし味噌汁なのに、高い…。

d0179044_1071263.jpg
重湯から全粥までの病人食のフルコースを体験しているので、どんなものでいいか、見当はつく。
いっそ、自分で作りたいと思ったけど、なにか特別な作用があるものかもしれないので、おとなしく従う。
パッケージがもう美味しくなさそうでうんざり。
d0179044_1065058.jpg検査前日。天気も穏やかで雪が降らず嬉しい。大雪だったら、とても雪寄せできる元気は無かっただろう。で、朝から検査食になる。全粥にふりかけ。お麩入味噌汁。全粥は重たい。おかゆは7分粥くらいの方が好きだなあ。できれば梅干しだけで食べたい。食後は普通に仕事に取りかかる。検査食も絶食も何もしない生活だったらぜんぜん苦ではないのだが、やっぱり仕事に集中する「スタミナ?」みたいなものが足りないなあ…と感じる。間食についていたのがチョコチップクッキー1枚だった。一応、使用材料を確認。ここまではいいのか?となるべくバターっけのなさそうな「マリー」を2枚、無断で追加する。どうせ、夜、強制的に3種類も下剤があるし、当日も腸を洗浄するし、早めに摂取する分にはいいよね???
間食の粉末オレンジジュースが昔、山で飲んだものに似ていて懐かしかった。

d0179044_1061564.jpg
検査当日、昨日までは落ち着いていた天気がきょうは朝から大荒れ。検査が8時半からなので、早めに家を出た。ど吹雪の予報だったけど、まだ風が強いだけだった。病院について受付を済ませると、準備室なる所へ入った。午前中、ここで腸を洗浄するポカリのような液体2Lを2時間かけて飲む。今日の検査は私一人とのことで、ゆっくりのんびりここで過ごしていいという。テレビはつけたままになっていたけど、読みたい本があったので持って来て、リクライニングシートを倒して読み始める。こんな時じゃないと、ゆっくり本なんか読めない最近。…とはいえ、「30分に500mlの目安で飲んでください」と言われ、なんとなく気が散った読書になってしまった。液体をなんとか飲み終わり、コンビニに水を買いに行くと、相方が珈琲コーナーで読書していた。外はかなりの吹雪になっていたようだ。今日は一日仕事を休んでつきあってくれている。東京だったら一人でちゃちゃっといけるのに、田舎は一日がかりになってしまう。午後1時半から検査室で検査。どのくらいかかるのか不安に思っていたら、ほんの15分くらいですと言われ、なんとなく拍子抜け。内視鏡を入れる前に、急に注射をすると言われ焦る。注射は前もっていってほしいな。この注射が結構痛かった。大腸の動きを止めるものだそうだ。内視鏡は小腸との境目くらいまで進めて、ここからバックする形でモニターで確認していく。実際にモニターを見せてくれるので、リアルタイムで自分の内臓をみていくのだが、もしここで癌とかみつかったら、どうするんだろう?最近は本人に告知しないってことはないんだろうか?…なんてくだらないことを考えつつ、モニターを見る。「内臓」というグロテスクなイメージはなくて、むしろ手などの皮膚のように経年劣化してなくて綺麗なものだと思った。特に「汚い?」と思いがちな大腸のイメージが一新された。内蔵は普段目に見えないけど、とてもよく働いてくれているのだと実感した。痛みの原因と思われる憩室がCT画像と一致。他の腫瘍やポリープもなく検査は終了。これでこの病気の診療は終わりとのことだった。会社を辞めてからずっと、きちんとした検査を受けていなかったので、なんだかちょっとホッとした。これで、この病院にはしばらく来ることもないのか。パシフィックホテルのパンやお惣菜が買えて、良かったのにちょっと残念(笑)。
終わってしばらくは内臓がびっくりして大騒ぎしている感じだった。多分、止められていた大腸が動き出したせい。
遅いお昼はお腹に優しい外食?ということで、紅玉で食べて帰った。
[PR]
by yama-humoto | 2014-01-31 09:54 | 日々

豪雪

d0179044_9323728.jpg
今年は県南だけの豪雪。十文字で昭和38年から観測している積雪の記録では、史上3番目だそう。
昭和48年の48豪雪は「電線がまたげた」という伝説が残っている。2番目が2年前で3番目が今年だと。4年前に引っ越して来て、2回の記録的豪雪を体験している訳だ。ふ〜ん。
小学校の教科書で「雪国では2階から出入りする」というのを見た覚えがあるけど、なるほど、今年は出入りできる。
私は仕事で出られず、すまないなあ…と思いつつ、仕事場(2階)から相方の仕事を見る。
d0179044_9321924.jpg
ほぼ一日、家の周りの雪かきをしていた相方。薄暗くなってもやってるなあ…と思っていたら、「ちょっときてみ」と柴犬のように嬉しそうな顔で誘いに来た。出ると水路をまたいだ道路側に穴が…。
水路を空けているうちに、急に思いついてカマクラを掘り出したとのこと。
d0179044_932345.jpg
高く積もった所を横から掘ったので、カマクラというよりは雪洞のほうが正しいのかな?
中には入ってみると、大人が余裕で立てる広さでびっくり!
久しぶりの雪洞掘りがたのしかったようで、かなり綺麗に掘られていた。昔から「やらなくていいこと」にむしろ積極的になる相方。「やらなくていい」というのは「やるべき仕事」の反対だけど、こういう遊びに真剣になれる心の余裕はなかなか持てるものではないよね。「雪=辛い」がちょっとのゆとりでわくわくできる。
中にいると静かで温かかった。
[PR]
by yama-humoto | 2014-01-19 09:30 | 日々

家の中が暗い

d0179044_10352194.jpg
相方、出勤の月曜。さすがに降る雪の量は少なくてホッとする。
お弁当を作ってから雪かきの手伝いに出たら、まだ車の前の雪壁と格闘していた。早朝に来る除雪車が作ってしまう雪壁。今日は肩ぐらいまでそそりたっている。下の方は氷みたいに硬くて重いのが固められているので、パンチャーで切り崩し、ダンプで移動させる。二人でやればかなり早い。
d0179044_10351152.jpg
相方を送り出してから、私は庭の雪かき。
庭に「雪の大谷」できる。
右側の壁でももう私の身長を超してしまったから、180cmは積もっているかな?
d0179044_10345455.jpg
仕事場に入る前に二階の窓を開ける。今日はサッシが凍っておらず、開いた(笑)。
屋根の雪が全然落ちず、窓の方に向かってきている。この先っぽに立派なつららがあると、窓を割る恐れがあるけど、つららはなかった。でも、屋根の負担を考えると落としておきたい。

d0179044_1034383.jpg木製の竿でつついてみた。内側は氷になっていて思ったより硬い。
こんな窓からつついた位じゃだめかなあ?といろんな角度で指してみたら、簡単に割れる角度がわかった。こまめに割って、軒までの雪は落とせた。

d0179044_10341919.jpg
午後の除雪が来た。いつもより早いのは、少し天気が良くなったせいかな?早ければこちらも仕事に集中できる時間を作れるので、さっさと終わらせよう!と車が入って来れるように雪壁を壊し、庭の道をあけ、気になったので、玄関の屋根の上の雪も落とした。ふわふわの雪なので「雪はね」を使い、自分が除雪機になったつもりで、どんどん飛ばした。落としていたら、また道の除雪が来た?我が家の車が「軽自動車になってしまったので、馬力がない」と話していたので、道の雪をさらにうすく削りにきてくれたようだ。…で、また氷の壁ができてしまった…。あ〜あ…でも「親切親切」とつぶやきながら氷をどける。
家に入ると、家の中がとても暗い。
裏の窓がまた埋まってしまったのだ。さすがにここまで除雪に行く気力は無く、仕事に戻る。
連日の雪で、さすがに疲れがたまって身体のあちこちが重い。夜には雪はやんだので、ジュネスの温泉に行った。連休明けもあって、だれもいない。温泉を独り占めして息を吹き返す。帰る頃には月と星が出ていた。玄関までを月明かりで歩いた。
[PR]
by yama-humoto | 2014-01-14 10:33 | 日々

家凍る

d0179044_1026527.jpg
さすがの寒波で窓が凍った。
霜が美しい。
残しておけない芸術品。
寒いけど、ちょっとウキウキする。
d0179044_10263914.jpg
d0179044_1026181.jpg
d0179044_1026790.jpg
人の後ろ姿みたいな、シルエットにドキッとした。
風が吹き付けた雪。
[PR]
by yama-humoto | 2014-01-13 10:25 | 日々

家埋まる

d0179044_944098.jpg正月頃、アメリカの方では記録的な寒波でナイアガラの滝が凍ったり、火災現場で放水した水が凍ったなどのニュースがあった。それと同じような寒波がくるというので、寒いのかと思ったら、大雪を降らせるものだった。なにしろしんしんと音も無く、でも確実に凶悪に降り積もる。連休はちょっとお日様を見に出かけようかと思っていたのに、見事に閉じ込められた。

d0179044_9535580.jpg
玄関からラッセル…。
庭に道を掘り出す。昨日まで綺麗に広く空けておいたのに〜!!!><

d0179044_9534116.jpg
車も埋まった。なんとか掘り出したところで、車道には膝上くらいの雪が積もっている。
早朝、除雪が来てから10時頃までにもうこれだけ積もったという事。
雪自体はふかふかで、スキーするんなら「パウダー!♪」なんて喜ぶのだろうが、生活してるとそうも言ってられなくなるなあ。
平日は相方が出勤しているので、家の除雪は私がやる。どんなに仕事が「のって」きても、時間が来たら中断しなければならない。なるべく時短を心がけて、多くても1時間以内には終わらせられるようになったが、体力は奪われる。そのまま、またPCに向かう。身体も気持ちもかなりなストレスの日々。
だから、この連休は相方がいるので、仕事に集中できる!…と喜んだが、この降り方はとても一人で処理できるものではなく、結局、連休中も仕事を中断しては雪をかくはめになった。
d0179044_9434037.jpg
家の敷地にクレバスあり(笑)。
実は水路。ここに雪を落とせばいいので、超便利♪
これを確保してるお陰で庭の雪かきは、ここに来て以来一番楽になった。
住宅地では雪の捨て場の問題で喧嘩がおこるという。事実、今回も山形の方で喧嘩から殺人になってしまったニュースがあった。今回の大雪は本当に捨て場に困るほどだ。
我が家はこの水路があるので、雪捨て場にはことかかない…が、今回の降り止まない雪で、さすがに埋まり始めた。埋まりきらないうちに掘り出すの図。
d0179044_9432321.jpg
半日でもちょっとでも、降り止むだけで気分的にはかなり楽になるんだけど、連日降り続く雪でさすがにクタクタ。

あんたはいいねえ。
[PR]
by yama-humoto | 2014-01-12 09:35 | 日々

酵母を無駄遣い

d0179044_9363540.jpg
年末に手に入ったラズベリー(冷凍)で酵母を起してみた。今までとは違う方法の酵母の作り方を試したら、すごく強力な酵母ができてしまった。このまま焼いてもパンになるんじゃないかという感じ。実験欲でとりかかってしまうものの、酵母ができてしまうと焦る私。
時間がないのに、パンを作らなくちゃいかん…。
d0179044_935319.jpg
このお化け酵母は少し使ったくらいだと、すぐ増殖(?)して「もっと使え〜!もっと使え〜!」と呪いの声が聞こえてくるよう。一度作った酵母で4回は作れる。このあと、これを継ぐのはとても無理なので、いっそ使い切ろう!
もう、こうなったら酵母の無駄遣い!粉の無駄遣い!実験じゃ!と、適当にある材料で、バンバン作る事にした。
家事の合間、仕事の合間をうまくやりくりしてみる。やっぱり何度も繰り返すとコツをがつかめてくるなあ。このまま続けていけば、ちゃんとしたパンが作れるようになるのだろうか?(無理だけど…。)
発酵は薪を置いたストーブの上に置くという乱暴ぶり。ところがこれでちょうど良かった。

d0179044_935713.jpg
3日連続で焼いたものたち。
あんぱん、カンパーニュ、ベーコンスティック、食パン。
こうやって写すとパン屋さんみたい?

1日目 あんぱんのベースはふすまパン。フランスパン用の粉を使ったのでやや固め。あんは買い置きしてあった市販品。今度は自分の小豆で作った自家製あんこで作りたい。
2日目 カンパーニュはすっかり気がゆるんで、仕事を優先。最後の発酵を放置してしまい、気がついた時はしぼんでしまっていた。やっぱりおざなりにしてはいかんな。こりゃだめだ〜@@と思いつつも、焼いてみたら一応膨らんでくれた。でも、重い。フランスパン用の粉を使ったので、表面は薪のように硬い。持つと痛い(笑)。でも、食べればそれなりに美味しい。
3日目 ベーコンスティックと食パン。ベーコンパン初めて作った。 黒こしょうをガシガシひいてベーコンをくるむだけで、こんな美味しくなるなんて!また酵母でパンを焼く時は絶対作ろう!と思ったアイテム。
[PR]
by yama-humoto | 2014-01-09 09:34 | 日々

雪かきは哲学の時間

d0179044_10545238.jpg
今朝も雪。相方は今日から出勤。普段の生活が始まる。久々に朝早く起き、朝食、お弁当作りとバタバタ。仕事があるので、9時には仕事場に入った。でも、頭の中では庭の雪をいつ掻こうか…カーテンの隅が空いている窓をチラチラ見ながら考えていた。時々パ〜ッと窓の方が明るくなり、「晴れた!?」と窓を見ると、猛吹雪のままだったりする。お昼過ぎも横殴りの雪。予報を見ると3時位から曇りになるようだったので、それまで仕事に集中することにした。
仕事の切りもついた頃、外を見ると雪はやんでいた。外に出てみると案外温かい。
玄関まで埋まっている。まず、雪はねで雪をどかし、通路を確保。そのあとはダンプでごんごん押し出して行く。今日の雪は軽いので楽だ。今年は水路を確保して、水路脇よりに雪をかいて道を作っている。今までは車にたどり着くまでの距離をなぜかわざわざ中央に道を作っていた。これが結構億劫だったのだが、今年は違う!水路にどんどん落とせるのでストレスが無いし、一度に大量に落とせるので早い!ストレスが無い雪かきは結構楽しい。我が家はメインの国道から離れた所にあるので、川を挟んで対岸が見える。いつも雪かきしながら、その対岸を「別の世界」というか客観的に眺める。あの人たちは昔から代々ここに住んでいて、ここに住んでいる事に違和感とか感じていないのかなあ。ここが自分の地だと思っているんだろうなあ。疑いなく住めるって羨ましいと思っている。家紋を「ホテイアオイ」だと思う我が家はいったい何処にたどり着くのだろう?…と最近考えているせいだと思う。今のここでの生活はかなり理想に近くて全然嫌ではない。ただ、今後も雪が多くなる一方だと、老後はやっぱり不安になる。まあ、その時はその時…というか、いずれまた「動く」時は来るから、その時にすぐ行動に移せる身軽さは確保しておこう。…そんなどうでもいいことをズルズルと考えられるのも、雪かきの良い所。雪かきは「哲学の時間」だと思う。
d0179044_10544181.jpg
道まで綺麗にあけ、全体を振り返る。雪かきは「成果」が一目瞭然で気持ちいい!
これで、夕方相方が帰って来ても、すぐ車も入れられる。
さて、家に入ろう…とふとみると、羽が落ちていた。アカゲラかな?アオゲラかな?
d0179044_10542972.jpg
持ち帰って黒猫姫のお土産。ホットカーペットに潜り込んでいたのに、くんくんくん…と伸び上がって来た。香しい?


夜、なにげなくTVのザッピングをしていて、NHKのスーパープレゼンテーションに目が止まった。普段は強気(?)にうけとれる勢いが重く思えてあまり見ないのだけど、今日のテーマは「ホームはどこにあるか?」だった。なぜか、ドキンとしてそのまま見入った。
両親がインド人のイギリス生まれのピコ・アイヤー氏の考える「ホーム」とは?
丁度、今の私の心理とうまくマッチングして、いろいろな言葉が琴線に触れる。
自分の考えている事は案外間違ってないのかもしれないと思わせてくれた。
http://www.nhk.or.jp/superpresentation/backnumber/140106.html
[PR]
by yama-humoto | 2014-01-06 10:53 | 日々

助っ人

d0179044_10432253.jpg
新年早々、N島さん御来村。親戚の子を秋田まで送ってくる用事があったとの事で、その帰りに寄ってくれた。お菓子やすき焼きセットまで持って!ありがたや〜!
夜勤明けにそのまま出発して来たとのこと。お正月の休みもゆっくり取れないらしい。そんな疲れた人に雪かきをさせてしまった…。
d0179044_10431385.jpg
すでに埋まっていた1階の窓。主に屋根から落ちる雪が溜まって埋まってしまう。
今年は一回に降る量が多い気がするなあ…。
二人で窓付近の雪をどけてくれた。やっぱり二馬力だと早い!
おかげで家の中が明るくなりました!
N島さんありがとう!!!
[PR]
by yama-humoto | 2014-01-05 10:42 | 日々

新年

d0179044_107697.jpg

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
おせちのフルセットは作りませんでしたが、「も少しマメになれや!」と自戒の念を込め、黒豆はつくりました。ゆるゆると…でも、去年よりはマメに更新したいと思います。

幸福を連れてくるという、イタヤ細工の左馬
角館のイタヤ細工をしている方に教わり、作ってみました。
シンプルでモダンなフォルムが素敵。
[PR]
by yama-humoto | 2014-01-01 10:05 | 日々