「ほっ」と。キャンペーン

イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ある日の夕暮れ

d0179044_14271381.jpg7月上旬のある日。
ここしばらく仕事に煮詰まりまくる。
気分転換に夕方に散歩に出てみた。肌寒いくらいなので、上着を着て。
しばらく雨が無かったので、水田痕に深いひび割れがあった。
その水たまりになにかの足跡があった。よくみると2種類。
d0179044_1427323.jpg
水かきのあるひとと
d0179044_1426389.jpg
肉球と爪のあるひとだ。狸かな?前足の指がにゃっと広がっている。指が使えるハクビシンとかかな?…でも多分、狸だろう。

d0179044_14262096.jpg
日中はちょっと暑かったので、入道雲がでていた。力強くて質量のある雲だった。
d0179044_1426862.jpg
夕焼けが映って、まるで外国の湖のよう。
実際は田んぼの脇の水たまりなんだけどね。
こうやって散歩するたびに「なんでこんなとこに暮らしてるかねえ」とどちらからともなく口をつく。
d0179044_14255549.jpg
さて、家に帰りますか。
[PR]
by yama-humoto | 2014-07-31 14:48 | 日々

30年前の空

d0179044_23341935.jpg

今夜は流星群が見られるというので、寝る前に外に出てみる。湿度が高くはじめはよく見えなかった星たちが徐々に見えてきた。庭の真上に天の川。じっと星を見つめる。ヒュー…ヒュー…と鵺(トラツグミ)の声が響く。ああ、20歳の今頃、半年暮らした上高地でこうして星を見ていたなあ。30年近く前の事がいまでも鮮明に空気さえも思い出せる。あの頃は「どうしたらこういう所で暮らしていけるものか」考えていた。
思えば遠くに来たもんだ。
大きな流れ星をふたつ見て、家に入った。

画像は北斗七星…が写っているのだが…みえるかな?
[PR]
by yama-humoto | 2014-07-29 23:51 | 日々
d0179044_1014211.jpg気がつけば、8月も間近の夏本番!
仕事場の大掃除やら、データの整理やらファイリングやら画像データの整理やら…モノも気持ちも散らかって手が付けられなかったけど、ようやく整理がついて来た。気がつけば、春がすっ飛んでしまっているな。ぎっくり腰になっている場合ではない〜!(4日前にやった…)

画像は大柳の上沼 外国の風景みたいに見える。
d0179044_10135196.jpg
杉林の中には、たくさんの木々の赤ちゃんが育っていた。
植物の成り立ち方には法則があって、それぞれのパターンが美しい。
杉の枯れ葉の上に、模様のように散っていて綺麗。
d0179044_10131779.jpg
d0179044_1013717.jpg
d0179044_1012563.jpg
こんなに広い野に、まるで高層マンション。
一個一個に卵を産みつけ、丸めてある。
おとしぶみかな?ぞうむしかな?
d0179044_1011109.jpg
自分のカラダより大きな葉をキレ〜イにまく技術は職人技。ホレボレ眺めてしまう。
[PR]
by yama-humoto | 2014-07-28 10:09 | 日々