イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

庭が吹雪

d0179044_930275.jpgいい天気は続かない…。関東に大雪をもたらした低気圧の残骸が来た感じ。ウチは風の強い地域なので、今日はかなり本格的に吹雪だ。相方が出勤してしばらくしてから玄関を開けたら、もう出かけた痕は吹き消されて跡形も無い。そして容赦なく吹きだまる。
d0179044_930890.jpg玄関でたところ。積もるスピードも速いなあ。
ここに来てから、こんなに毎日毎日、一日中天気の具合を見ながら生きていたことってあったっけ?と思う。東京はゲリラ豪雨なんかはあるものの、「今日は傘いるかな?」と空を見るくらいだった。なんとなく天気や安全が「保証」されているような?
ここでは一日の天気を読んで、用事の順番を考えたり動いたりするようになった。毎日違うので頭が忙しい。

d0179044_9295440.jpg玄関から遥か道の方を見る。風が強いなあ。出たくないなあ…。だけど、今日は宅急便がくる予定なのだ。意を決して外に出る。雪が思ったより重かった!普段の雪なら、さささ〜っとダンプで片付けられるのに、今日の雪は予想に反して扱いづらい。ダンプにも雪がつくし、重くてスベリも悪くて、イライラする。しかも、強風。川の対岸の本道沿いの風は狭い幅の中で吹き付けるので、ホワイトアウト&強風でそれはそれはデンジャラスゾーンだ。それでも普通に車は通って行く。こちらはその風が川を渡って、木々や納屋などにぶつかって広がってから届くので、若干マイルドかな?大概は川沿いに上流の方に流れて行く。ウチに吹いてくる風もかなり下流の方から流れてくるようだ。
d0179044_9293885.jpg細かい雪を巻き込んでいる今日のような日は、風の形がとてもよく見えるので、体感的にはちょっと辛いけど見ていて飽きない。ごう!っという音から6つ数えたくらいで音の主がここを通る。雪壁にしゃがんでみると、凄く静かで空気も穏やかなので「あれ?もういっちゃった?」と立ち上がると後頭部に風がぶつかってくる。瞬時にまたしゃがむ。これって、家がすぐ近くに見えてるから安心してるけど、山の中だったら遭難寸前では…。ポストも完全に埋まっていた。だいたいの検討で掘ってみても、いつまでたっても出てこない。普段より1m近く中に入り込んでいた。ポストの上にできたマブがどんどん育つ。除雪でできた独立峰のせいで、風の巻き込みとふきだまりが顕著。マブはリーゼントさながらになるので、「今日の突っ張り具合は…」とせり出し具合を相方に報告したりする。
d0179044_9291740.jpg
風のお陰でまったく積もらない部分もできる。雪の下の草が出てきた。。こんな寒いけど、生きている。強いねえ。週末、関東では災害並みの大雪が降って大騒ぎだった。はじめはニュースを見てなんか嬉しくなっていたけど、被害が大きくなってくるとそうも思えなくなってきた。「雪」って生活して行く上で、かなりハードルが高いんだな。普段はなんでも予定通り計画通り動ける東京は、晴天の多さと行政によってほとんどの「不便」が取り除かれていることで成り立っているのだな。「便利」は「不便」を容易に生み出す。自力で不便を乗り越える術や考える事も取り除かれてしまっているように思った。経験はすればするほど、スキルは上がる。しかも良い経験より悪い経験の方が効果は絶大だと思う。雪国の人たちは長年そういった不便と戦い続けて、高レベルな経験値をもってしまっている。良いことなのか悪いことなのか?村は今日も静かだ。
d0179044_9285976.jpg
風は一日中ふいて、かいてもかいてもすぐ吹きだまった。仕事部屋から窓の外を伺い、仕事を中断しては、雪かき。一日3回ははじめてだ。雪かきは成果がはっきり分かるので気持ちいいんだけど、それを何度も簡単に吹き消されるのは、なんとも悲しい。

←今日届いたものの一つ。
これを送ってくれた主は、今日沖縄に旅立った。「もう使わないから」とスノボとクロカンの板もくれた。クロカンは私が欲しいと思っていた短めのものだったので、凄く嬉しい!
大切に使わせてもらいます。
[PR]
# by yama-humoto | 2014-02-19 09:27 | 日々

山と渓谷3月号

d0179044_13175982.jpg
今月発売の山と渓谷・読者紀行にイラストを描かせていただきました。
d0179044_13174124.jpg
読者紀行ページ。
本屋さんで見かけたら、覗いてみてください。
[PR]
# by yama-humoto | 2014-02-15 13:17 | 仕事

動物の気配

d0179044_1316582.jpg
二日続いてお天気になった。めずらしく関東の方が天気が悪い。秋田の天気は関東の方(太平洋側)と真逆なのが最近分かって来た。
昼。道の雪をかく。今日もネズミ宅は健在。穴が二つにふえていた。

d0179044_931247.jpg
がっつりあけてみる。姿が見えるわけではないけど…
d0179044_92208.jpg
せっかくのお日様はやっぱり浴びていたい。今日も裏庭を歩いてみる。
昨日は少なかった動物の足跡がたくさんあった。やっぱり、動物も吹雪いている時よりも、いいお天気の時の方が活動的なようだ。たくさん…といっても、きつね、うさぎ、あなぐま?がそれぞれ一匹ずつって感じだけど。今日は、こんな痕もあった。くぼみにクリとクルミの殻がある。雪の下ならクルミもクリもたくさんあるだろうけど、今は分厚い雪布団の下だ。こんな雪の中、どこから見つけて来たんだろう?飛び立つ時についたらしい、羽の形がかっこいい。力強い感じが残っている。
d0179044_912231.jpg昨日よりは短い散歩。さて、仕事仕事!…と戻って来たら、ネズミ宅に変化が!この30分ほどの間に出入りしていた模様。
[PR]
# by yama-humoto | 2014-02-12 08:59 | 日々

裏庭散歩

d0179044_1061611.jpg久しぶりに、と〜っても良い天気になった!週末にお天気になるのはとても貴重!雪も積もりたてでふわふわで、これは山に行ったら凄く気持ちいいはずだ!…けど、午後から用事が入ってしまっている。相方はクサクサしはじめているようなので、裏庭散歩に誘った。

d0179044_106121.jpg「こっちにきてごらん」足跡が誘うよ。
d0179044_1055211.jpgカンジキをはかなくても歩けそうだったので、長靴でフィールドに入ってみる。普段歩かないところに踏み込むこの感じってなんだろう。歩くごとにわくわくしてくる。
d0179044_104513.jpg
やらなくていい破壊が好きな相方。ザクザクと雪を川に落とす。
d0179044_10204573.jpg
羊がいた。
枝にたくさん顔がある…。これなんの冬芽だろう?
d0179044_104156.jpg
モミの木にカケスがきた。様子を見に来たのかな?
じぇーじぇー♪青い部分の羽落としてくれないかなあ。
d0179044_104384.jpg
お昼前。もうでかけなくてはいけないので、そろそろ戻ろう。

お昼は久しぶりに川嶋さんで天ザルを食べ、気分がちょっとアップした。
[PR]
# by yama-humoto | 2014-02-11 10:02 | 日々

冷え込む日々

d0179044_10323990.jpg
やっぱり冷え込みは続く。連日の氷点下で、冷えきった玄関を通らなければいけないトイレに行くのに一大決心がいる。でも、いいこともある。玄関の温度が一定なので、冬の間は玄関が冷蔵庫代わり。買って来たものをそのまま置いている。凍らず腐らず、長持ちして便利だ。
窓は凍りついて厚くなっている。ちょっと削ったぐらいでは外が見えない。それでも今日はちょっとゆるんだかな?
今日の窓は、「山の写真?」にみえた。


d0179044_10321879.jpg毎日、昼(郵便や宅急便やさんのため)と夕方(仕事から帰ってくる相方の車が入るように)に玄関から道までの雪寄せをする。仕事・雪寄せ・ごはん・仕事・雪寄せ・ごはん…の日々。
慣れたとはいえ、雪のコンディションによってはぐったりくたびれることもある。湿気がある雪は重くて引っかかりやすくて、どっと疲れる。仕事が詰まりに詰まっているときに、こんこんと雪が降っているとうんざり。「降るんじゃね〜!」と悪態をつく。雪が無ければ、いらん労働だよなあ。…でも、なんかこれも必要なことのような気がしないでもない。
雪と風が作ったものを見つけては、ちょっと和んだりもしてるし。
d0179044_10302982.jpg
スノーダンプでざっくり雪をすくうと、雪壁に穴があった。ネズミらしい。
後でみたら、土で出口を埋めていたので、寒かったのか?穴をあけて悪かったかな?と思ったが、後日、またあいた穴を見たら、横穴だったのが、縦穴に変わっていた。これなら風が直に入ってこないからって考えたのか?偶然なのか?
またある日は、穴が増えていた。30cmくらい積もったふわふわの雪に小さく空気穴のような穴があった事もある。毎回、変化があるので楽しい。
キミも生きてるんだねえ。がんばろうな!という視線を送りつつ、今日も雪を寄せる。
毎日の雪寄せの楽しみになっている。
[PR]
# by yama-humoto | 2014-02-06 10:29 | 日々

外茶&外めし

d0179044_11124680.jpg久々に良いお天気になった!雪下ろし日和だ。こんなお天気だったら、一日雪かきも楽しい…のだが、私はいろんな仕事が詰まりに詰まってしまっていて、身動きが取れない。申し訳ないなあと思いながら、屋根の雪下ろしは相方氏にやってもらう。仕事しつつも、落ちたり埋まったりの危険があるから耳は雪下ろしの音を追っていた。

画像は二階の窓(私の仕事場)から。猫日向ぼっこ中。相方、2階まで積もった雪の上。これから裏の雪かきに行く…の図。
d0179044_11123795.jpg
途中、タバコ(休憩の意)にする。
せっかくのお天気だし、こういう時、なぜか家の中はとても寒い。外でお茶することにした。
雪をちょっと削って、テーブルとベンチを作った。
d0179044_11122345.jpg日向ぼっこは気持ちいい。思わず、猫みたいにぐる〜ぐる〜と喉を鳴らしたくなる。お日様の光はただの「光」じゃない。カラダにじんわりしみ込んで来て、細胞の隅々までパワーをくれる気がする。
北欧やソビエト時代の絵本には、冬のお日様をとてもまばゆく描いているものが多い。東京で見ていた時とは違って、心底共感!太陽の恵みはすごい!
d0179044_11121045.jpg

また少し労働してから、お昼。お昼も「外めし」にした。
風が吹くと冷たいけれど、それでも何とも気持ちいい!

d0179044_11114659.jpg
PC仕事の合間に、印刷作業。
ラベルのデザインの仕事をいただいて、いろいろ考えていた。自分では簡素に考えたデザインを、印刷に出すには少々面倒?なような問題が出て来た。普段、あまり印刷まで関わらないから知識も無いのだけど…。クラフト紙に白の印刷をするのに、シルク印刷で、しかもラベルを安く印刷してくれる所が見つからず、結局、自分で刷ってみることにした。引っ越して来てからはもちろん、その前から随分使っていないプリントゴッコ。引っ張りだしたら、引っ越しの時に貼ったガムテがついたままだった。ずっとアナログ印刷をやりたくて、いつでもできるように道具だけは揃えておいたが、なかなかやる時間がなかった。いや、時間を作れなかった。ガムテをとって箱を開いたとき、封印されていたなにかが解放されたみたいな気がした。インクが寒さで固かったので、温めて緩めながら印刷してみる。
一度やってみて時間をおいて見てみると、白は一版では薄く、主張に欠けていた。…再度トライして、一版目を、乾かしながら3回重ねて刷った。2版めは2回。たった2色のものに5版…どうかしてる?
印刷状態を見ながら、ずれを修正しながら…刷り師の気持ちになりつつ集中してる自分に思わず「自分は何屋だ?」とつっこむ。
先日、車の機械部分の設計をしている人と話す機会があった。「メカ設計の部門と外装のデザイナーは仲悪いですよ」とのこと。デザイナーは実現するには難しいことを要求してくるんだそうだ。
今回、自分でデザインして、それを実現させようとしてみて、両方の気持ちが分かった気がする。
プリントゴッコ熱にもようやく火がついた!
自由時間を作って、もっとオリジナルなものいろいろ作ろう!
[PR]
# by yama-humoto | 2014-02-01 11:11 | 日々
d0179044_107506.jpg 12月に入院した時の病名特定のため、大腸の内視鏡検査をすることになった。退院する時の話では2月くらいという話だったが、再診で相談した時には、今月中が良いという。…仕事がとても詰まっていて体力に自身が無かったので、一応「2月では?」と聞いてみたが早い方が良いと。気持ちが尻込みするもうひとつの理由は雪。1月から2月は雪に閉じ込められやすいので、出かけるのが大変になる。東京だったらしなくていい心配だ。「雪の状態によってはこられないかも…」というと、「ああ!そうか〜!東成瀬だったか」と納得された。一応、月末ということになって、検査前日からの説明を受けた。3〜4日前から繊維質の多いもの(海藻とか)と乳製品はとらないこと。前日は検査食と水分、お茶などのみ。夜寝る前に下剤3種類…。検査食は指定で2種類あった。ひとつはおかゆと味噌汁のみの食事と、間食付き¥1500。もう一つはちょっと煮物などのおかずがついていて、¥1800…。おかゆとほぼ具なし味噌汁なのに、高い…。

d0179044_1071263.jpg
重湯から全粥までの病人食のフルコースを体験しているので、どんなものでいいか、見当はつく。
いっそ、自分で作りたいと思ったけど、なにか特別な作用があるものかもしれないので、おとなしく従う。
パッケージがもう美味しくなさそうでうんざり。
d0179044_1065058.jpg検査前日。天気も穏やかで雪が降らず嬉しい。大雪だったら、とても雪寄せできる元気は無かっただろう。で、朝から検査食になる。全粥にふりかけ。お麩入味噌汁。全粥は重たい。おかゆは7分粥くらいの方が好きだなあ。できれば梅干しだけで食べたい。食後は普通に仕事に取りかかる。検査食も絶食も何もしない生活だったらぜんぜん苦ではないのだが、やっぱり仕事に集中する「スタミナ?」みたいなものが足りないなあ…と感じる。間食についていたのがチョコチップクッキー1枚だった。一応、使用材料を確認。ここまではいいのか?となるべくバターっけのなさそうな「マリー」を2枚、無断で追加する。どうせ、夜、強制的に3種類も下剤があるし、当日も腸を洗浄するし、早めに摂取する分にはいいよね???
間食の粉末オレンジジュースが昔、山で飲んだものに似ていて懐かしかった。

d0179044_1061564.jpg
検査当日、昨日までは落ち着いていた天気がきょうは朝から大荒れ。検査が8時半からなので、早めに家を出た。ど吹雪の予報だったけど、まだ風が強いだけだった。病院について受付を済ませると、準備室なる所へ入った。午前中、ここで腸を洗浄するポカリのような液体2Lを2時間かけて飲む。今日の検査は私一人とのことで、ゆっくりのんびりここで過ごしていいという。テレビはつけたままになっていたけど、読みたい本があったので持って来て、リクライニングシートを倒して読み始める。こんな時じゃないと、ゆっくり本なんか読めない最近。…とはいえ、「30分に500mlの目安で飲んでください」と言われ、なんとなく気が散った読書になってしまった。液体をなんとか飲み終わり、コンビニに水を買いに行くと、相方が珈琲コーナーで読書していた。外はかなりの吹雪になっていたようだ。今日は一日仕事を休んでつきあってくれている。東京だったら一人でちゃちゃっといけるのに、田舎は一日がかりになってしまう。午後1時半から検査室で検査。どのくらいかかるのか不安に思っていたら、ほんの15分くらいですと言われ、なんとなく拍子抜け。内視鏡を入れる前に、急に注射をすると言われ焦る。注射は前もっていってほしいな。この注射が結構痛かった。大腸の動きを止めるものだそうだ。内視鏡は小腸との境目くらいまで進めて、ここからバックする形でモニターで確認していく。実際にモニターを見せてくれるので、リアルタイムで自分の内臓をみていくのだが、もしここで癌とかみつかったら、どうするんだろう?最近は本人に告知しないってことはないんだろうか?…なんてくだらないことを考えつつ、モニターを見る。「内臓」というグロテスクなイメージはなくて、むしろ手などの皮膚のように経年劣化してなくて綺麗なものだと思った。特に「汚い?」と思いがちな大腸のイメージが一新された。内蔵は普段目に見えないけど、とてもよく働いてくれているのだと実感した。痛みの原因と思われる憩室がCT画像と一致。他の腫瘍やポリープもなく検査は終了。これでこの病気の診療は終わりとのことだった。会社を辞めてからずっと、きちんとした検査を受けていなかったので、なんだかちょっとホッとした。これで、この病院にはしばらく来ることもないのか。パシフィックホテルのパンやお惣菜が買えて、良かったのにちょっと残念(笑)。
終わってしばらくは内臓がびっくりして大騒ぎしている感じだった。多分、止められていた大腸が動き出したせい。
遅いお昼はお腹に優しい外食?ということで、紅玉で食べて帰った。
[PR]
# by yama-humoto | 2014-01-31 09:54 | 日々

豪雪

d0179044_9323728.jpg
今年は県南だけの豪雪。十文字で昭和38年から観測している積雪の記録では、史上3番目だそう。
昭和48年の48豪雪は「電線がまたげた」という伝説が残っている。2番目が2年前で3番目が今年だと。4年前に引っ越して来て、2回の記録的豪雪を体験している訳だ。ふ〜ん。
小学校の教科書で「雪国では2階から出入りする」というのを見た覚えがあるけど、なるほど、今年は出入りできる。
私は仕事で出られず、すまないなあ…と思いつつ、仕事場(2階)から相方の仕事を見る。
d0179044_9321924.jpg
ほぼ一日、家の周りの雪かきをしていた相方。薄暗くなってもやってるなあ…と思っていたら、「ちょっときてみ」と柴犬のように嬉しそうな顔で誘いに来た。出ると水路をまたいだ道路側に穴が…。
水路を空けているうちに、急に思いついてカマクラを掘り出したとのこと。
d0179044_932345.jpg
高く積もった所を横から掘ったので、カマクラというよりは雪洞のほうが正しいのかな?
中には入ってみると、大人が余裕で立てる広さでびっくり!
久しぶりの雪洞掘りがたのしかったようで、かなり綺麗に掘られていた。昔から「やらなくていいこと」にむしろ積極的になる相方。「やらなくていい」というのは「やるべき仕事」の反対だけど、こういう遊びに真剣になれる心の余裕はなかなか持てるものではないよね。「雪=辛い」がちょっとのゆとりでわくわくできる。
中にいると静かで温かかった。
[PR]
# by yama-humoto | 2014-01-19 09:30 | 日々

家の中が暗い

d0179044_10352194.jpg
相方、出勤の月曜。さすがに降る雪の量は少なくてホッとする。
お弁当を作ってから雪かきの手伝いに出たら、まだ車の前の雪壁と格闘していた。早朝に来る除雪車が作ってしまう雪壁。今日は肩ぐらいまでそそりたっている。下の方は氷みたいに硬くて重いのが固められているので、パンチャーで切り崩し、ダンプで移動させる。二人でやればかなり早い。
d0179044_10351152.jpg
相方を送り出してから、私は庭の雪かき。
庭に「雪の大谷」できる。
右側の壁でももう私の身長を超してしまったから、180cmは積もっているかな?
d0179044_10345455.jpg
仕事場に入る前に二階の窓を開ける。今日はサッシが凍っておらず、開いた(笑)。
屋根の雪が全然落ちず、窓の方に向かってきている。この先っぽに立派なつららがあると、窓を割る恐れがあるけど、つららはなかった。でも、屋根の負担を考えると落としておきたい。

d0179044_1034383.jpg木製の竿でつついてみた。内側は氷になっていて思ったより硬い。
こんな窓からつついた位じゃだめかなあ?といろんな角度で指してみたら、簡単に割れる角度がわかった。こまめに割って、軒までの雪は落とせた。

d0179044_10341919.jpg
午後の除雪が来た。いつもより早いのは、少し天気が良くなったせいかな?早ければこちらも仕事に集中できる時間を作れるので、さっさと終わらせよう!と車が入って来れるように雪壁を壊し、庭の道をあけ、気になったので、玄関の屋根の上の雪も落とした。ふわふわの雪なので「雪はね」を使い、自分が除雪機になったつもりで、どんどん飛ばした。落としていたら、また道の除雪が来た?我が家の車が「軽自動車になってしまったので、馬力がない」と話していたので、道の雪をさらにうすく削りにきてくれたようだ。…で、また氷の壁ができてしまった…。あ〜あ…でも「親切親切」とつぶやきながら氷をどける。
家に入ると、家の中がとても暗い。
裏の窓がまた埋まってしまったのだ。さすがにここまで除雪に行く気力は無く、仕事に戻る。
連日の雪で、さすがに疲れがたまって身体のあちこちが重い。夜には雪はやんだので、ジュネスの温泉に行った。連休明けもあって、だれもいない。温泉を独り占めして息を吹き返す。帰る頃には月と星が出ていた。玄関までを月明かりで歩いた。
[PR]
# by yama-humoto | 2014-01-14 10:33 | 日々

家凍る

d0179044_1026527.jpg
さすがの寒波で窓が凍った。
霜が美しい。
残しておけない芸術品。
寒いけど、ちょっとウキウキする。
d0179044_10263914.jpg
d0179044_1026181.jpg
d0179044_1026790.jpg
人の後ろ姿みたいな、シルエットにドキッとした。
風が吹き付けた雪。
[PR]
# by yama-humoto | 2014-01-13 10:25 | 日々