イラストレーターおぐらみどりの日々雑記


by yama-humoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

家埋まる

d0179044_944098.jpg正月頃、アメリカの方では記録的な寒波でナイアガラの滝が凍ったり、火災現場で放水した水が凍ったなどのニュースがあった。それと同じような寒波がくるというので、寒いのかと思ったら、大雪を降らせるものだった。なにしろしんしんと音も無く、でも確実に凶悪に降り積もる。連休はちょっとお日様を見に出かけようかと思っていたのに、見事に閉じ込められた。

d0179044_9535580.jpg
玄関からラッセル…。
庭に道を掘り出す。昨日まで綺麗に広く空けておいたのに〜!!!><

d0179044_9534116.jpg
車も埋まった。なんとか掘り出したところで、車道には膝上くらいの雪が積もっている。
早朝、除雪が来てから10時頃までにもうこれだけ積もったという事。
雪自体はふかふかで、スキーするんなら「パウダー!♪」なんて喜ぶのだろうが、生活してるとそうも言ってられなくなるなあ。
平日は相方が出勤しているので、家の除雪は私がやる。どんなに仕事が「のって」きても、時間が来たら中断しなければならない。なるべく時短を心がけて、多くても1時間以内には終わらせられるようになったが、体力は奪われる。そのまま、またPCに向かう。身体も気持ちもかなりなストレスの日々。
だから、この連休は相方がいるので、仕事に集中できる!…と喜んだが、この降り方はとても一人で処理できるものではなく、結局、連休中も仕事を中断しては雪をかくはめになった。
d0179044_9434037.jpg
家の敷地にクレバスあり(笑)。
実は水路。ここに雪を落とせばいいので、超便利♪
これを確保してるお陰で庭の雪かきは、ここに来て以来一番楽になった。
住宅地では雪の捨て場の問題で喧嘩がおこるという。事実、今回も山形の方で喧嘩から殺人になってしまったニュースがあった。今回の大雪は本当に捨て場に困るほどだ。
我が家はこの水路があるので、雪捨て場にはことかかない…が、今回の降り止まない雪で、さすがに埋まり始めた。埋まりきらないうちに掘り出すの図。
d0179044_9432321.jpg
半日でもちょっとでも、降り止むだけで気分的にはかなり楽になるんだけど、連日降り続く雪でさすがにクタクタ。

あんたはいいねえ。
[PR]
# by yama-humoto | 2014-01-12 09:35 | 日々

酵母を無駄遣い

d0179044_9363540.jpg
年末に手に入ったラズベリー(冷凍)で酵母を起してみた。今までとは違う方法の酵母の作り方を試したら、すごく強力な酵母ができてしまった。このまま焼いてもパンになるんじゃないかという感じ。実験欲でとりかかってしまうものの、酵母ができてしまうと焦る私。
時間がないのに、パンを作らなくちゃいかん…。
d0179044_935319.jpg
このお化け酵母は少し使ったくらいだと、すぐ増殖(?)して「もっと使え〜!もっと使え〜!」と呪いの声が聞こえてくるよう。一度作った酵母で4回は作れる。このあと、これを継ぐのはとても無理なので、いっそ使い切ろう!
もう、こうなったら酵母の無駄遣い!粉の無駄遣い!実験じゃ!と、適当にある材料で、バンバン作る事にした。
家事の合間、仕事の合間をうまくやりくりしてみる。やっぱり何度も繰り返すとコツをがつかめてくるなあ。このまま続けていけば、ちゃんとしたパンが作れるようになるのだろうか?(無理だけど…。)
発酵は薪を置いたストーブの上に置くという乱暴ぶり。ところがこれでちょうど良かった。

d0179044_935713.jpg
3日連続で焼いたものたち。
あんぱん、カンパーニュ、ベーコンスティック、食パン。
こうやって写すとパン屋さんみたい?

1日目 あんぱんのベースはふすまパン。フランスパン用の粉を使ったのでやや固め。あんは買い置きしてあった市販品。今度は自分の小豆で作った自家製あんこで作りたい。
2日目 カンパーニュはすっかり気がゆるんで、仕事を優先。最後の発酵を放置してしまい、気がついた時はしぼんでしまっていた。やっぱりおざなりにしてはいかんな。こりゃだめだ〜@@と思いつつも、焼いてみたら一応膨らんでくれた。でも、重い。フランスパン用の粉を使ったので、表面は薪のように硬い。持つと痛い(笑)。でも、食べればそれなりに美味しい。
3日目 ベーコンスティックと食パン。ベーコンパン初めて作った。 黒こしょうをガシガシひいてベーコンをくるむだけで、こんな美味しくなるなんて!また酵母でパンを焼く時は絶対作ろう!と思ったアイテム。
[PR]
# by yama-humoto | 2014-01-09 09:34 | 日々

雪かきは哲学の時間

d0179044_10545238.jpg
今朝も雪。相方は今日から出勤。普段の生活が始まる。久々に朝早く起き、朝食、お弁当作りとバタバタ。仕事があるので、9時には仕事場に入った。でも、頭の中では庭の雪をいつ掻こうか…カーテンの隅が空いている窓をチラチラ見ながら考えていた。時々パ〜ッと窓の方が明るくなり、「晴れた!?」と窓を見ると、猛吹雪のままだったりする。お昼過ぎも横殴りの雪。予報を見ると3時位から曇りになるようだったので、それまで仕事に集中することにした。
仕事の切りもついた頃、外を見ると雪はやんでいた。外に出てみると案外温かい。
玄関まで埋まっている。まず、雪はねで雪をどかし、通路を確保。そのあとはダンプでごんごん押し出して行く。今日の雪は軽いので楽だ。今年は水路を確保して、水路脇よりに雪をかいて道を作っている。今までは車にたどり着くまでの距離をなぜかわざわざ中央に道を作っていた。これが結構億劫だったのだが、今年は違う!水路にどんどん落とせるのでストレスが無いし、一度に大量に落とせるので早い!ストレスが無い雪かきは結構楽しい。我が家はメインの国道から離れた所にあるので、川を挟んで対岸が見える。いつも雪かきしながら、その対岸を「別の世界」というか客観的に眺める。あの人たちは昔から代々ここに住んでいて、ここに住んでいる事に違和感とか感じていないのかなあ。ここが自分の地だと思っているんだろうなあ。疑いなく住めるって羨ましいと思っている。家紋を「ホテイアオイ」だと思う我が家はいったい何処にたどり着くのだろう?…と最近考えているせいだと思う。今のここでの生活はかなり理想に近くて全然嫌ではない。ただ、今後も雪が多くなる一方だと、老後はやっぱり不安になる。まあ、その時はその時…というか、いずれまた「動く」時は来るから、その時にすぐ行動に移せる身軽さは確保しておこう。…そんなどうでもいいことをズルズルと考えられるのも、雪かきの良い所。雪かきは「哲学の時間」だと思う。
d0179044_10544181.jpg
道まで綺麗にあけ、全体を振り返る。雪かきは「成果」が一目瞭然で気持ちいい!
これで、夕方相方が帰って来ても、すぐ車も入れられる。
さて、家に入ろう…とふとみると、羽が落ちていた。アカゲラかな?アオゲラかな?
d0179044_10542972.jpg
持ち帰って黒猫姫のお土産。ホットカーペットに潜り込んでいたのに、くんくんくん…と伸び上がって来た。香しい?


夜、なにげなくTVのザッピングをしていて、NHKのスーパープレゼンテーションに目が止まった。普段は強気(?)にうけとれる勢いが重く思えてあまり見ないのだけど、今日のテーマは「ホームはどこにあるか?」だった。なぜか、ドキンとしてそのまま見入った。
両親がインド人のイギリス生まれのピコ・アイヤー氏の考える「ホーム」とは?
丁度、今の私の心理とうまくマッチングして、いろいろな言葉が琴線に触れる。
自分の考えている事は案外間違ってないのかもしれないと思わせてくれた。
http://www.nhk.or.jp/superpresentation/backnumber/140106.html
[PR]
# by yama-humoto | 2014-01-06 10:53 | 日々

助っ人

d0179044_10432253.jpg
新年早々、N島さん御来村。親戚の子を秋田まで送ってくる用事があったとの事で、その帰りに寄ってくれた。お菓子やすき焼きセットまで持って!ありがたや〜!
夜勤明けにそのまま出発して来たとのこと。お正月の休みもゆっくり取れないらしい。そんな疲れた人に雪かきをさせてしまった…。
d0179044_10431385.jpg
すでに埋まっていた1階の窓。主に屋根から落ちる雪が溜まって埋まってしまう。
今年は一回に降る量が多い気がするなあ…。
二人で窓付近の雪をどけてくれた。やっぱり二馬力だと早い!
おかげで家の中が明るくなりました!
N島さんありがとう!!!
[PR]
# by yama-humoto | 2014-01-05 10:42 | 日々

新年

d0179044_107697.jpg

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
おせちのフルセットは作りませんでしたが、「も少しマメになれや!」と自戒の念を込め、黒豆はつくりました。ゆるゆると…でも、去年よりはマメに更新したいと思います。

幸福を連れてくるという、イタヤ細工の左馬
角館のイタヤ細工をしている方に教わり、作ってみました。
シンプルでモダンなフォルムが素敵。
[PR]
# by yama-humoto | 2014-01-01 10:05 | 日々

一年前の今頃

d0179044_952359.jpgもうクリスマス!
去年の今頃は彼の地にいたなあ…もう一年経ってしまっている!結局、旅行記をアップできなかったので、去年の写真をここで使ってみよう…。

北欧。ここはデンマーク。モダンデザインもあるけど、こういうのもある。
d0179044_9514625.jpg
街のあちこちでモミの木が売られていて、みんな気軽に買っては、かかえたまま電車にのりこんできたりする。なんだか、かっこいい。
d0179044_951269.jpg
雪は無いけど、凍てつく寒さ。川が凍っていた。ゴミ箱やらいろんなものが(多分、よっぱらいのしわざ?)投げ込まれて、凍りついている。
d0179044_9511257.jpg
そんななか、こんな「できすぎた」ゴミのセットが…
d0179044_9511214.jpg
クリスマスマーケット
d0179044_9502282.jpgチボリ公園。デンマークは国旗にも♡が使われているせいか、ハートのオーナメントが多かった。
[PR]
# by yama-humoto | 2013-12-24 09:47 | 日々

ネッシー芋

d0179044_8591027.jpg焼く前は気がつかなかった。
ストーブの灰受け皿で焼いたら、ネッシーに…。
d0179044_8585163.jpg
よくよくみれば、目もあるし…






ちなみにこのひょろ芋、この秋収穫した我が家の紅小町。私が中学くらいの頃に焼き芋に適した品種として出回っていた。いまではすでに昔の品種になってしまってお店で見る事は無くなってしまった。
最近は紅アズマや紅はるか安納芋など、ねっとりと濃厚なコクと甘みの芋が人気らしい。
ねっとり甘い芋もおいしいけど、きんとんみたいにねっとりされるのがどうも…。あまりに甘くて食べていて飽きる。甘さに疲れるのかなあ?不思議。
そこで、今年は紅小町を植えてみた。久しぶりに食べる紅小町!最近の品種のような過剰な甘みやとろみはなく、焼くとホクホク。バターを付けて食べると絶品!(私的にね)
焼き芋はこのくらいが丁度いい。
ストーブがついている時は灰受け皿に放り込んで、冬のおやつにしている。
[PR]
# by yama-humoto | 2013-12-20 08:58 | 日々

日常にもどる

d0179044_15192098.jpg昨日、10日ぶりに家に帰った。家に入ったら、ネコがぱっとこちらを見て、目が合った瞬間に「びゃん!」と啼いて、駆け寄って来た。こんな事は初めて。いつもは4〜5日空けて帰ってくると、初め遠巻きにして近づいてこないのに。大声で「びゃん!」といった感じが「おかえり!」といったようだった。
しばらくベタベタ甘えていたので、寂しかったようだ。

さて、今日から通常営業。
待ってもらっている締め切りがあるので、急いでとりかかった。
10日ぶりだったけど、調子は落ちていなくて、ホッとする。ちゃっちゃと進め、かなり仕上がって来た所で、トットットット…と足音。ネコが仕事場を覗きにきたのだ。わざと足音をたててくるときは、要求がある。
しばらく無視していたら、机に飛び乗って来てタブレットにのっしり座り込んでくる。こうなるともう…負ける。仕方なく、立ち上がると「こっちこっち!」と廊下を先導され階下に連れて行かれる。ネコの思うつぼだが、可愛いので仕方が無い。
[PR]
# by yama-humoto | 2013-12-18 15:19 | 日々

入院日々雑記5

d0179044_16571360.jpg

17日でやっと退院!
はじめは16日の予定だった。治療も順調だったし、もっと早まっても良いんじゃないかと思っていたのに、私の担当の先生は食事の順番を重んじた。
重湯からはじめて、3分、5分、7分、全粥で終わらなくてはいけないらしく、カレンダーで確認して行ったら、退院が17日に伸びてしまったのだ!このたった一日のダメージはきつかった。
Oさんは3分、5分、全粥だったそうだ。

持ってる本や雑誌を読み尽くしてしまった。
秋田にきてから、家にいる時は「他に今できること」を優先してしまうので、なかなかゆっくり読書する時間がない。東京にいる時は活字中毒で、移動の電車が私の読書室だった。こんな時に、急に、ほかになにもやることがなくなったので、読書するしかなくなってしまうなんて。
はじめはパラパラめくっていた雑誌ですら、隅から隅まで読んだ。暮しの手帖を全部しっかり読んだのも、はじめてかもしれない。同時に読み比べると、当たり前だけど「暮しの手帖」の編集の丁寧さがよくわかる。20〜30代向けと思われる雑誌は、妙な文章が目についた。「池波正太郎のエッセイがきっかけで、昨年3月に幕を閉じたホットケーキの名店「万惣フルーツパーラー」で働いていた○○さん。」え?池波正太郎のせいで閉店したの???と思ったり。「夫にジンジャークッキーを作る姿を見ながら。」…等々、読んでいて???な文章が多々あった。校正してないのか?とつっこみたくなる。出版社って、優秀な人が集まっているのではないかと思っていたけれど、あまり文章に重きを置かない雑誌は雰囲気重視なんだなあ。そして、文章に丁寧さを求めている辺り、私も歳だなあと思った。

病院に来る時、「もしか入院も?」と半信半疑で、それでも一応、最低限の用意をした。その時に読みかけの本や、やりかけの仕事のファイルも鞄にいれた。
一日ベッドにいると、一日はとても長いような短いような…。相方に家にある本を持って来てくれるように頼んだ。雑誌も買って来てもらった。時間や気分で読みたいものも変わってくる。雑誌を眺めたり、エッセイを読んだり、デザインの参考書をめくったり、マンガを読んだりして過ごす。気分で読みあされるって贅沢な時間だなあ。
ふと、あまりに時間があるので、英会話にうってつけじゃないか!と思いついた。去年買った旅行会話集が昔と違って内容がかなりおもしろかったので欲しかったけど、どこにしまったか忘れて頼む事ができなかった。残念。

読み物もいよいよなくなってくると、仕事に取りかかりだした。
経過の説明を受けたとき、イラストの仕事をしている話になって、「じゃあ、ここでもできるじゃない」と先生はのたまった。PC持ち込んでいいってことですかい?
入院までの時間が分かっていれば、ipadを買う口実になったのに…。

ラベルのデザインにとりかかる。もってきたファイルにはよけいな紙が無かった。A4の紙が欲しい…。
血液検査の結果の紙3枚のうち、いらないページが2枚あったので、それの裏を使う。数日ペンを持っていないので、描けるか不安だったけど思ったよりいい調子だった。もっと紙が欲しい…
結局、売店でレポート用紙を買って来てしまった。レポート用紙なんて久しぶり。紙質が凄く良くなっていて落書きを描くのがためらわれたけど、罫線が邪魔なのですべて裏返しで使った。

日記もつけた。文字を書くのが楽しかった。

こんなにじっくり読む時間ができるのなら、普段なかなか読み込めない本たちを「緊急に持ち出せるコーナー」にまとめておこうかなあ…と家の本棚を見て思ったりした。
[PR]
# by yama-humoto | 2013-12-17 16:56 | 日々

入院日々雑記3

d0179044_16322285.jpg6日から出た食事。
※暇な人だけご覧ください。

初日、朝 重湯。おすましのような茶色いのは具なしみそ汁。タマゴ豆腐

d0179044_16321399.jpg
昼 コーンポタージュ、ミルク(加工乳)、洋梨缶(ピューレ状…)
d0179044_1632124.jpg
夕 具なしすまし汁 ミルク(加工乳) 豆乳プリン
d0179044_16314866.jpg2日目 3分粥

d0179044_16313484.jpg
ほぐした蒸し魚(さば)
d0179044_1631186.jpg
d0179044_1631681.jpg3日目 5分粥

d0179044_16305055.jpg

d0179044_1630239.jpg
d0179044_16301020.jpg4日目 7分粥 ずっしりとしたおかゆになってきた。しかし、これにとろろ芋はかける気がしない…。千切りにしてほしかったなあ…とぶつぶつ。
d0179044_16295845.jpg
d0179044_16294619.jpg

d0179044_16293644.jpg5日目 全粥
メニューには「たけのこ風味のみそ汁」とあったが、たいして風味もしない。モヤシがちょろっと入っていたので、ほうれん草のおひたしも入れてバージョンアップしてみる。
d0179044_16292334.jpg
サバの味噌煮。おいしかった。
 しかし、なぜにらっきょう?
苦手で残す。
d0179044_16291022.jpg
チキンミートローフ。おいしかった。 
こんな漬け物大国なのに、なぜに奈良漬け?
 苦手で残す。
[PR]
# by yama-humoto | 2013-12-16 16:54 | 日々